エルベール1世 (ヴェルマンドワ伯)

エルベール1世(フランス語:Herbert Ier de Vermandois, 848/50年 - 907年)は、ヴェルマンドワ伯モー伯ソワソン伯およびサン=カンタンの在俗修道院長。カロリング家の庶流の一員で、フランク王国において重要な役割を果たした。

エルベール1世
Herbert Ier
ヴェルマンドワ伯
在位 892年 - 907年

出生 848/50年
死去 907年
子女 ベアトリス
エルベール2世
キュネゴンド
家名 ヴェルマンドワ家
父親 ヴェルマンドワ伯ピピン
テンプレートを表示

生涯編集

エルベール1世はヴェルマンドワ伯ピピンの息子で、カール大帝の息子イタリア王ピピンの曽孫にあたる。母親はニーベルング家の出身と考えられている。エルベールの前半生については不明である。エルベールは889年以前にソワソン伯となり、ヴァイキングの侵入に対しオワーズ川周辺を守る役割を果たしたとみられる。同時代の記述によれば、エルベールはカロリング家の一員でありカール大帝の玄孫としての利益を享受していたという[1]。エルベールはサン=カンタンおよびペロンヌを支配し、ソンム川上流域におけるエルベールの行動、例えば896年にフランドル伯ボードゥアン2世の弟ラウルを捕らえ殺害したことなどは、907年にボードゥアン2世がエルベールを殺害する要因となったと考えられる[2]

エルベールはロベール家ロベールと同盟を結ぶため、娘ベアトリスをロベールの2度目の妻とした[1]。また、息子エルベール2世とロベールの娘アデールを結婚させた[1]。もう一人の娘キュネゴンドはコンラディン家のヴェッテラウ伯ウドと結婚した[3]

子女編集

ベルト・ド・モーヴォワとの間に以下の子女をもうけたとみられる。

脚注編集

  1. ^ a b c Dunbabin 2000, p. 95.
  2. ^ Riché 1993, p. 236.
  3. ^ McKitterick 1999, p. 360-361.

参考文献編集

  • Dunbabin, Jean (2000). France in the making, 843-1180. Oxford University Press 
  • McKitterick, Rosamond (1999). The Frankish Kingdoms under the Carolingians. Pearson Education Limited 
  • Riché, Pierre (1993). The Carolingians; A Family who Forged Europe. University of Pennsylvania Press 
先代:
ピピン2世
ソワソン伯
889年 - 907年
次代:
エルベール2世
先代:
ピピン2世
ヴェルマンドワ伯
892年 - 907年
次代:
エルベール2世
先代:
ピピン2世
ヴァロワ伯
893年 - 895年
次代:
ラウル1世
先代:
テオドリック
モー伯
896年 - 907年
次代:
エルベール2世