ベオルトリッチ (ウェセックス王)

ベオルトリッチBeortric、? - 802年、古英語:BEORHTRIC VVESTSEAXNA CYNING、ラテン語:BEORHTRIC REX SAXONVM OCCIDENTALIVM)は七王国時代ウェセックスの王(在位:786年 - 802年)。日本語ではベオルフトリクとも。

ベオルトリッチ
Beortric
ウェセックス王
Beorhtric - MS Royal 14 B VI.jpg
在位 786年802年

死去 802年
配偶者 エアドブルフ
テンプレートを表示
ベオルトリッチ治世の硬貨(795年頃)

生涯編集

アングロサクソン年代記786年の記述に、先王キュネウルフが暗殺されると、ウェセックスの王になったとされる。

また、この頃マーシア王オッファがウェセックスの大半を支配下にしていたとされ[1]、また年代記の787年にオッファの娘エアドブルフを妻としたとある。また836年には次に王になったエグバードが王になる前にオッファとベオルトリッチによってフランスへ追放されていた旨が記述されている。このことからベオルトリッチはオッファを宗主としていた可能性が窺える。また、年代記にはオッファの娘を妻とした787年よりデーン人の来襲が始まったとも記述されている。

800年に没し、フランスに亡命していたエグバートが王位を継承した。このエグバードがイングランドを初めて統一を果たすことになる。

脚注編集

  1. ^ 『ベーダー英国民教会史』、p. 328

参考文献編集

  • 高橋博 訳 『ベーダー英国民教会史』 講談社学術文庫、2008年
爵位・家督
先代
キュネウルフ
ウェセックス王
在位

786–802
次代
エグバート