ベガス流 ヴァージンロードへの道

ベガス流 ヴァージンロードへの道』(原題:Think Like a Man Too)は2014年に公開されたアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画である。監督はティム・ストーリー、主演はケヴィン・ハートが務めた。本作はスティーブ・ハーベイ2009年に発表した自己啓発本『世界中の女性が幸せをつかんだ 魔法の恋愛書』を原作としており、2012年に公開された映画『魔法の恋愛書』の続編でもある。なお、本作は日本国内で劇場公開されなかったが、Amazonでの配信が行われている[3]

ベガス流 ヴァージンロードへの道
Think Like a Man Too
監督 ティム・ストーリー
脚本 キース・メリーマン
デヴィッド・A・ニューマン
原作 スティーブ・ハーベイ世界中の女性が幸せをつかんだ 魔法の恋愛書』(中経出版
製作 ウィル・パッカー
製作総指揮 スティーブ・ハーベイ
ラッション・マクドナルド
ロブ・ハーディ
キース・メリーマン
デヴィド・A・ニューマン
グレン・S・ゲイナー
出演者 ケヴィン・ハート
レジーナ・ホール
マイケル・イーリー
ジェリー・フェレーラ
ミーガン・グッド
音楽 クリストファー・レナーツ
撮影 クリストファー・ダスキン
編集 ピーター・S・エリオット
製作会社 ウィル・パッカー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗スクリーン・ジェムズ
公開 アメリカ合衆国の旗2014年6月20日
日本の旗劇場未公開
上映時間 107分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2000万ドル[2]
興行収入 世界の旗$70,181,428[2]
前作 魔法の恋愛書
テンプレートを表示

ストーリー編集

セドリックとその友人たちはマイケルとキャンディスの結婚式に出席するために、ラスベガスを訪れていた。セドリックはベガス行きのためだけに極めて上等なスーツを仕立て、思う存分満喫するつもりでいた。

その頃、マイケルは未だにキャンディスとの結婚を認めようとしない母親(ロレッタ)の説得に苦戦していた。ロレッタは「自分の息子に相応しい女性はこの世にいない」と主張して譲らなかった。挙げ句の果てに、ロレッタはバチェロレッテ・パーティーの妨害を試みるに至った。完璧な結婚式を挙げることを望んでいたキャンディスにとって、ロレッタの振る舞いは不快でしかなかった。

他にも苦悩を抱える人たちがいた。ベガス滞在中、ローレンは上司のリーから「君を最高執行責任者に推挙した」と知らされて歓喜するが、その地位に就くためにはニューヨークへ行かなければならかった。それはドミニクと再び別居することを意味していた。クリステンは夫のジェレミーと子作りに励んでいたが、ジェレミーには父親になるための準備が出来ていなかった。マイアはジークとの結婚に乗り気だったが、ジークは結婚に躊躇していた。

セドリックたちは華やかなラスベガスを楽しみながら、各々が抱える問題に直面していくことになった。

キャスト編集

製作編集

2013年6月、本作の主要撮影がラスベガスで始まった[4]

サウンドトラック編集

2014年6月17日、エピック・レコーズは本作のサウンドトラックを発売した[5]

マーケティング・興行収入編集

2014年2月12日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[6]

本作は『ジャージー・ボーイズ』と同じ週に封切られ、公開初週末に3750万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[7]、実際の数字はそれを大きく下回るものであった。2014年6月20日、本作は全米2225館で公開され、公開初週末に2924万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった[8]

評価編集

本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには81件のレビューがあり、批評家支持率は23%、平均点は10点満点で4.8点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ベガス流 ヴァージンロードへの道』は前作の才能溢れる俳優たちを再度起用しているが、彼/彼女らを新しい方向や面白い方向へ持って行くことに失敗している。」となっている[9]。また、Metacriticには30件のレビューがあり、加重平均値は38/100となっている[10]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[11]

出典編集

  1. ^ ベガス流 ヴァージンロードへの道”. 2018年9月30日閲覧。
  2. ^ a b Think Like a Man Too”. 2018年9月30日閲覧。
  3. ^ ベガス流 ヴァージンロードへの道 (字幕版)”. 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ Production starts on 'Think Like a Man Too'”. 2018年9月30日閲覧。
  5. ^ Think Like A Man Too (Music From & Inspired by the film) arrives in stores June 17”. 2018年9月30日閲覧。
  6. ^ Think Like a Man Too”. 2018年9月30日閲覧。
  7. ^ Forecast: Moviegoers to Choose 'Man' Over 'Boys' This Weekend”. 2018年9月30日閲覧。
  8. ^ June 20-22, 2014”. 2018年9月30日閲覧。
  9. ^ Think Like a Man Too”. 2018年9月30日閲覧。
  10. ^ Think Like a Man Too (2014)”. 2018年9月30日閲覧。
  11. ^ FINAL BOX OFFICE: First Half Of 2014 No Growth From Year Earlier As ‘Think Like A Man Too’ Debuts With $29M+; ‘Jersey Boys’ With $13.3M”. 2018年9月30日閲覧。

外部リンク編集