メインメニューを開く

ベリー・バッド・ウェディング』(原題: Very Bad Things)は、1998年に製作されたキャメロン・ディアス主演のブラック・コメディ。ピーター・バーグ監督。

ベリー・バッド・ウェディング
Very Bad Things
監督 ピーター・バーグ
脚本 ピーター・バーグ
製作 マイケル・シーファー
ダイアン・ナバトフ
シンディ・コーワン
製作総指揮 テッド・フィールド
スコット・ルーフ
マイケル・ヘルファン
クリスチャン・スレーター
出演者 ジョン・ファヴロー
キャメロン・ディアス
クリスチャン・スレーター
ジェレミー・ピヴェン
ダニエル・スターン
音楽 スチュワート・コープランド
撮影 デヴィッド・ヘニングス
編集 ダン・レベンタル
配給 アメリカ合衆国の旗 ポリグラム・フィルム・エンターテイメント
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年11月25日
日本の旗 2000年4月15日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3000万ドル
テンプレートを表示

目次

概要編集

ジム・キャリー主演のコメディ映画マスク』でブレイクしたキャメロン・ディアスが主演のブラック・コメディ。過激な内容のため、劇場公開時ではカットされたシーンもいくつかある。ただ、パイオニアLDCより発売されたDVDには、カットされたシーンも付け加えられた完全版となっている。

あらすじ編集

結婚式を間近に控えたカイルは、悪友であるロバートとアダムとマイケルらと共に独身最後の“バチェラー・パーティー”を行うため、男たちだけでラスベガスへ出向くことになる。婚約者のローラは、フィアンセの悪友たちとの婚前旅行に気が気ではなかったが、仕方なくカイルたちを見送ることに。理想の結婚式を挙げるため、異常なほど躍起になるローラを背にいざラスベガスへ旅立つカイルたち。

ようやく到着したラスベガスで、期待以上の街並みを目の当たりにした男たちは、浮かれながらホテルでドンチャン騒ぎを開始する。麻薬にマリファナをやり放題の彼らの前に、事前に呼んでおいた娼婦も登場し、正気をなくして男たちはパーティーを楽しんだ。

ところがその最中、酔った勢いでコトに励んでいたマイケルが娼婦を死なせてしまう。騒ぎを駆けつけてやってきた警備員にその現場を目撃された男たちは、警備員も殺して、2人の死体を埋めるためにシャベルを買い込んで、人里離れた山中へ直行。楽しいはずの婚前旅行が一転して、犯罪者になってしまった男たち。ホテルの部屋の血痕もすべてふき取り、何一つ証拠を残さず地元に帰ってきた男たちだが、罪悪感にかられたアダムが自首すると言い始める…。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ編集

関連項目編集

外部リンク編集