メインメニューを開く

ペガーナの神々

ペガーナの神々』(ペガーナのかみがみ、The Gods of Pegāna)は、アングロ・アイリッシュの作家ダンセイニ卿1905年委託出版した短編集である。彼の処女作であり、奇抜な作品としてではあるが好意的に評価された。ロンドン・デイリー・クロニクルのジャーナリストでもあった詩人エドワード・トマスによる批評がよく知られる[1]

ペガーナの神々
The Gods of Pegāna
『ペガーナの神々』表紙
『ペガーナの神々』表紙
著者 ダンセイニ卿
訳者 荒俣宏
イラスト シドニー・H・サイム
発行日 イギリスの旗 イギリス 1905年10月,
日本の旗 日本 1979年3月13日
発行元 イギリスの旗 イギリス エルキン・マシューズ,
日本の旗 日本 早川書房
ジャンル ファンタジー
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 イギリスの旗 イギリス 上製本,
日本の旗 日本 文庫
ページ数 イギリスの旗 イギリス 94,
日本の旗 日本 211
次作 時と神々英語版
コード ISBN 978-4150200053
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

収められた一連の短編は、ダンセイニ卿が創作した架空の地ペガーナに住まう神々の体系を共通の背景としてつながっている。続編として短編集『時と神々』、および『ヴェレランの剣』『三半球物語』所収の数編がある。1919年のアメリカ人記者の取材に対して、「『ペガーナの神々』では、大洋と月について語ろうとしました。そういうことをした人を他には知りません」とダンセイニ卿は答えている[2]

挿絵はシドニー・サイムのもので、原版がダンセイニ城で公開されている。

単行本としてもいくつもの版があるが、バランタイン・アダルト・ファンタジーシリーズの『見知った地を越えて』(1972)や『ペガーナ全集』(1998)、ゴランツ・ファンタジー傑作選の『時と神々』(2000)などにも全編が収められている。

目次

収録作編集

  • 「はじまり」
  • 「ペガーナの神々」
  • 「鼓手スカアルについて」
  • 「世界を創ること」 
  • 「神々が戯れること」
  • 「神々の讃歌」 
  • 「キブのことば」
  • 「シシュについて」 
  • 「スリッドのことば」 
  • 「ムングの行ない」 
  • 「神官たちの讃歌」 
  • 「リンパン=タンのことば」 
  • 「ヨハルネト=ラハイのこと」 
  • 「進行の神ルウンのこと および千の地神に寄せて」 
  • 「地神の叛乱」 
  • 「ドロザンドのこと」
  • 「曠野の眼」 
  • 「神でも獣でもないもののこと」 
  • 「予言者ヨナス」 
  • 「予言者ユグ」 
  • 「予言者アルヒレト=ホテップ」 
  • 「予言者カボク」 
  • 「ユン=イラーラが海辺で出会った災いと、日暮れの塔の建立について」 
  • 「神がみはなぜシディスを引き裂いたか」
  • 「どうしてイムバウンはアラデックの地でただひとりをのぞくすべての神がみの予言者になったか」 
  • 「どうしてイムバウンはゾドラクに出会ったのか」 
  • 「ペガーナ」 
  • 「イムバウンのことば」 
  • 「どうしてイムバウンは王に死のことを語ったか」 
  • 「オオドについて」
  • 「川」 
  • 「運命の鳥と終末の日」

登場する神々編集

マアナ=ユウド=スウシャイ編集

マアナ=ユウド=スウシャイ(Mana-Yood-Sushai)はペガーナの神々の主神である。彼はほかの神々の一切を創造し、その後に眠りについた。彼が目覚める時、「もういちど新らしい神がみと世界とを創ったあと、まえにあった神がみをぜんぶこわしてしまうにちがいない」とされる。人々は「マアナ=ユウド=スウシャイに祈りをささげたりはせず、かれが創りだしたちいさき神がみにだけ、みんなの希いを寄せる」のであり、ちいさき神々だけがマアナ=ユウド=スウシャイに祈りを捧げる[3]

鼓手スカアル編集

マアナ=ユウド=スウシャイが神々とスカアルを創り出したのち、スカアル(Skarl)は太鼓を作って打ち鳴らすと、マアナ=ユウド=スウシャイは眠りに落ちた。スカアルは永久に太鼓を打ち鳴らす。なぜなら「もしかれが手を休めれば、そのとたんマアナ=ユウド=スウシャイがカッと眼をひらき、大地と神がみはあとかたも残らずに消えてしまう」からである[4]

ちいさき神々編集

ペガーナには、マアナ=ユウド=スウシャイが創り出した数多くの神々がおり、ちいさき神々と呼ばれる。

  • キブ(Kib):世界のすべてのものに生命をもたらすもの
  • シシュ(Sish):時をけしかけるもの
  • ムング(Mung):ペガーナおよびこの世との境界に棲むすべての死を司るもの
  • スリッド(Slid):かれの(たま)は海辺に宿る
  • リンパン=タン(Limpang-Tung):愉悦と吟遊詩人たちの神
  • ヨハルネト=ラハイ(Yoharneth-Lahai):小さな夢とまぼろしの神
  • ルウン(Roon):進行(すすみ)および千の地神の神
  • ドロザンド(Dorozhand):かれの眼は終末を見つめる
  • フウドラザイ(Hoodrazai):曠野の眼
  • シラーミ(Sirami):忘れ去られるものすべてをつかさどる王
  • モサアン(Mosahn):運命の鳥
  • グリムボル(Grimbol)・ゼエボル(Zeebol)・トレハゴボル(Trehagobol):ほかのあらゆる峰々を抜きん出るようにそびえる孤高の三連山

千の地神編集

ちいさき神々よりも弱い神格を地神(home gods)という。作中では「千の地神」「炉端にすわり、火の番をする小さき神がみ」と呼ばれ、以下の名前が登場する[5]

  • ピツウ(Pitsu):猫を撫でている
  • ホビト(Hobith):犬を宥めている
  • ハバニア(Habaniah):燃える焚き木の王
  • ザムビブウ(Zumbiboo):灰燼の王
  • グリバウン(Gribaun):木々を灰に変える火のただなかに座っている
  • キルウルウグング(Kilooloogung):立ちのぼる烟をつかさどる神
  • ジャビム(Jabim):毀れたものの王
  • トリブウギイ(Triboogie):黄昏の王
  • ヒッシュ(Hish):沈黙の神
  • ウウウン(Wohoon):夜の騒めきの王
  • エイメス(Eimes)・ザネス(Zanes)・セガストリオン(Segastrion):平原の三本の河の王
  • ウムブウル(Umbool):旱魃の神
  • アラクセス(Araxes)・ザドラス(Zadres)・ハイラグリオン(Hyraglion):南の星座
  • インガジ(Ingazi)・ヨオ(Yo)・ミンド(Mindo):北の星座

神でも獣でもないものトログウル編集

トログウル(Trogool)は宇宙の南の果てにいる謎の存在であり、現在過去未来のあらゆる事々が書かれた巨大な本を毎日毎日世界の終わりまで繰り続ける役目を持っている。黒いページを開けば世界に夜が訪れ、白いページを開けば昼となる。トログウルは祈りに応えることはない。めくられたページが戻ることは、トログウルによってもほかの誰によってもない。

トログウルは「神がみの背後に座るもの」といわれ、彼が繰る本は万物の運行表(スキーム)という[6]

受容編集

ニューヨーク・タイムズ批評家ジョン・コービンは、「自分自身のオリュンポスを創り上げて神々を住まわせる試みで、彼らの個性や人々の命に対するその力は鋭く想起され視覚化されている。わたしの思うところ、(この作品はダンセイニ卿の)自叙伝であって、それが強く無意識のものであるがゆえにいっそう自己開示的だ」と評し、「このペガーナの神々の聖典は、想像力の結晶として実に驚くべきものだ」と締めくくっている。

ガーン・ウィルソンは、「まったく皮肉のきいたファンタジーを驚くほどの一貫性を以て実現しており、これから先打ち破られることはないだろう。欽定訳聖書の英語と、イェイツ的な統語法、シェヘラザードのごとき想像力を初めて混ぜ合わせたこの本は、不出来な崇拝者に痛みを与えて楽しむ華々しいほど残酷で驚くほど愚かな狂った神々の住まう不吉なヴァルハラへと読者を誘う」と述べて『ペガーナの神々』を称賛した[7]E・F・ブライラーによる「説得力ある別の宇宙観を見事に作り上げた」との評もある[8]

S・T・ヨシは、ダンセイニ卿が『ペガーナの神々』を執筆中にニーチェを読んでいたことに触れ、「新たな世界を作り出すというファンタジーの本義を実体化した」と述べ、「ダンセイニは、まったく新しい宇宙起源論を創り出し、例えばウィリアム・ベックフォードの『ヴァセック』とかウィリアム・モリスの中世ファンタジーなどの先行者の道筋をただ一歩前に進めたのだ。ダンセイニは自身の哲学的偏愛をもってこの新世界を具現化したが、非常に華やかで刺激的な散文詩の中に表現されたこの偏愛こそがまったく現代的で、急進的ですらある」とした[9]

脚注編集

  1. ^ Review included in Critical Essays on Lord Dunsany, edited by S. T. Joshi, Scarecrow Press, August 22, 2013
  2. ^ M. K. Wisehart, "Ideals and Fame: A One-Act Conversation With Lord Dunsany", New York Sun Book World, October 19, 1919, p.25
  3. ^ 荒俣宏訳『ペガーナの神々』p.13
  4. ^ 荒俣宏訳『ペガーナの神々』p.16
  5. ^ 荒俣宏訳『ペガーナの神々』p.49
  6. ^ 荒俣宏訳『ペガーナの神々』p.73
  7. ^ "Books", Realms of Fantasy, October 1998, p.14
  8. ^ E. F. Bleiler, The Guide to Supernatural Fiction, Kent State University Press, 1983 p.104)
  9. ^ "Introduction", The Complete Pegana: All the Tales Pertaining to the Fabulous Realm of Pegana, Chaosium, 1998, p.viii

参考文献編集

  • Bleiler, Everett (1948). The Checklist of Fantastic Literature. Chicago: Shasta Publishers. p. 104. 

外部リンク編集