メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はシモセ第二姓(母方の)はカワムラです。

ペドロ・シモセ・カワムラ(Pedro Shimose Kawamura、1940年3月30日 - )は、現代ボリビアにおける国民的詩人であり、ジャーナリスト作詞家

ペドロ・シモセ
Pedro Shimose
誕生 Pedro Shimose Kawamura
1940年3月30日
 ボリビアベニ県リベラルタ
職業 作家、詩人、ジャーナリスト、作詞家、作曲家
言語 スペイン語
国籍  ボリビア
代表作 『ぼくは書きたいのに出てくるのは泡ばかり』
主な受賞歴 『カサ・デ・ラス・アメリカス賞』、『ボリビア国民文化賞』
デビュー作 『亡命における三つのピアノ練習曲』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1940年3月30日ボリビア北西部にある ベニ県リベラルタで日本人男性とリベラルタ出身で日系2世の女性との間に7人兄弟の長男として生まれる。

少年時代は主にリベラルタで教育を受けた。19歳でボリビアの中心部ラパスにある名門サン・アンドレス大学に入学する。 しかしその後中退してヨーロッパへ留学するため旅立つ。 スペイン滞在中にアンダルシア人女性と出会い、そして1966年に結婚する。

1971年ウゴ・バンセル・スアレス将軍が軍事クーデターを起こす。これにより左派だったシモセはスペインへ亡命した。

1972年、キューバで『ぼくは書きたいのに出てくるのは泡ばかり』が、カサ・デ・ラス・アメリカス賞を受賞する。[1][2]

1999年再び政権に返り咲いたウゴ・バンセル・スアレス大統領政府が公式にシモセに謝罪した。同年にボリビア国民文化賞を受賞。[3]

人物編集

彼の詩は政治的な非常にひらめきのある言葉で有名であった。その詩はボリビア国民にナショナル・アイデンティティを植え付け、かつ人々を社会的抑圧から解放した。

ボリビアの学校の教科書には彼の詩が掲載されており、子供達はその詩を学んだりしている。 シモセの作品はドイツ語、フランス語、ロシア語、アラビア語、トルコ語、イタリア語、オランダ語、その他、世界中にある多数の言語に翻訳されている。

ジャーナリストとしても活動しており、マスメディアにおいて積極的に発言している。音楽関係では、作詞や作曲を手掛けており人気がある。

作品編集

  • Triludio en el exilio (1961)
  • Sardonia (1967)
  • Poemas para un pueblo (1968)
  • Quiero escribir, pero me sale espuma (1972)
  • Caducidad del fuego (1975)
  • Al pie de la letra (1976)
  • El Coco se llama Drilo (1976)
  • Reflexiones maquiavélicas (1980)
  • Diccionario de Autores Iberoamericanos (1982)
  • Bolero de caballería (1985)
  • Poemas (1988)
  • Historia de la literatura hispanoamericana (1989)
  • Riberalta y otros poemas (1996))
  • No te lo vas a creer (2000))

作詞編集

  • El sombrero de saó
  • Yesca enamoraó
  • Siringuero
  • Lucero triste
  • Me voy pa’Guayará

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集