ホテル大宮(ホテルおおみや)は、かつて群馬県利根郡みなかみ町に存在したホテル1964年昭和39年)、開業[1]JR上越線水上駅前にあった。

ホテル大宮跡

歴史編集

田中角栄首相の側近で、谷古宇産業グループ総帥谷古宇甚三郎(やこうじんざぶろう)が1964年、水上温泉に「ホテル大宮」をオープンさせた[1]。谷古宇甚三郎は、少なくとも20社を超える関連企業を持ち、埼玉県を中心にして事業を営んでいた[2]

1966年、新館を増築した[1]。晩年は新興大手に経営を圧迫されていた[1]

事故編集

1989年戦友会に参加していた老人が5階からエレベーターに乗り込んだところ、搬器がそこになく、15メートル下の1階まで転落、全治約6カ月の重傷となる[1]。県建築課と沼田署は直ちに調査を開始した[1]。ホテルはエレベーター設置時に建築確認申請をしておらず、また年1回の提出が義務となっている定期点検報告書も過去5年間提出していなかったことが発覚[1]

ホテルは、県からは建築基準法違反の疑いで、沼田署からは業務上過失傷害容疑で取り調べを受けることとなった[1]。営業停止中に宿泊キャンセルが続出、ついに廃業となった[1]

廃業後編集

 
水上駅前より、顔を覗かせるホテル大宮跡

ホテル廃業後、建物は廃墟となって荒廃した状態で残っており、地域住民が「駅前にいきなり廃墟なんて」と頭を悩ませているという[1]。2018年、「第1回みなかみ町議会定例会会議」で、みなかみ町議会議員の久保秀雄は「地元の人たちから何とか早く整理できないか」という要望を受けていると発言している[3]前田善成町長はホテル解体について「現実にすぐやるとかという話ではないと思う。まず調査して、ちゃんとした研究をしていかなくてはいけない。」と発言している[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『消えゆく日本の廃墟 廃墟が語る日本の裏歴史』68-69頁。
  2. ^ 参議院会議録情報 第073回国会 法務委員会 第4号 昭和49年11月28日国会会議録検索システム公式サイト。2019年8月21日閲覧。
  3. ^ a b 平成30年第1回(3月)みなかみ町議会定例会会議録第2号 平成30年3月7日(水曜日) (PDF)”. 2019年8月21日閲覧。

参考文献編集

  • 『消えゆく日本の廃墟 廃墟が語る日本の裏歴史』大洋図書、2014年。