ホヴァンスコエ墓地

ロシア・モスクワ所在の墓地

座標: 北緯55度36分41.46秒 東経37度26分51.46秒 / 北緯55.6115167度 東経37.4476278度 / 55.6115167; 37.4476278

ホヴァンスコエ墓地(ホヴァンスコエぼち、ロシア語: Хованское кладбище英語: Khovanskoye Cemetery)はニコロ・ホヴァンスコエ墓地(Николо-Хованское кладбище)としても知られ、ロシアモスクワにある大規模で、しかも拡大が続いている墓地である。

ホヴァンスコエ墓地(モスクワ)にて
コロマンティン兄弟の墓

概要編集

ホヴァンスコエ墓地モスクワ環状道路の外側で南、モスクワ州レーニンスキー地区Ленинский район)にあり、モスクワ市中心部のレーニンスキー大通りから続くキエフ街道の21キロ標識の近くの、モスレントゲンとニコロ・ホヴァンスコエの両集落にある。

この墓地は、面積1,970,000平方メートルを超えるヨーロッパ最大の墓地で[1]、内部は3つの部分に分かれている。ホヴァンスコエ「中央墓地」は1972年に設立され、877,200平方メートルで、「北墓地」は1978年に設立され、600,000平方メートルで、「西墓地」は1992年に設立され、501,200平方メートルである。ロシア正教会礼拝堂が墓地の敷地内にあり、総主教アレクシー2世パニヒダ(永眠者への祈り)に訪れたこともある。1988年に火葬場が建設された。

2016年5月14日、この墓地を管理するタジク人移民労働者の3人が、何百人もの若い北コーカサス無頼漢たちとの争いでここで亡くなる事件があった。ロシアの検察官によると、この争いはモスクワ市の埋葬サービスに関して、墓地で毎月2,000万ルーブルの墓地事業を管理するので、元モスクワ警察官ニキータ・モシェンコとユーリー・チャブエフの争いの結果であった。[2] [3]

埋葬された人々編集

詳細はロシア語Похороненные на Хованском кладбище(当墓地に埋葬された人々)を参照

参照項目編集

脚注編集

外部リンク編集