ホーリー・ウェディング

ホーリー・ウェディング』(原題:Holy Matrimony)は、1994年制作のアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画レナード・ニモイ監督。

ホーリー・ウェディング
Holy Matrimony
監督 レナード・ニモイ
脚本 デヴィッド・ワイズバーグ
ダグラス・S・クック
製作 ウィリアム・スチュアート
デヴィッド・マッデン
ディアーヌ・ナバトフ
製作総指揮 テッド・フィールド
ロバート・W・コート
出演者 パトリシア・アークエット
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
音楽 ブルース・ブロートン
撮影 ボビー・ブコウスキー
編集 ピーター・E・バーガー
製作会社 インタースコープ・コミュニケーションズ
ハリウッド・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 大映
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年4月8日
日本の旗 1995年6月10日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $713,234[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

遊園地で働くヤンキー娘ハバナは、同僚で恋人のピーターと共に遊園地の金庫から現金を盗む。翌朝、自分たちが既に指名手配されていることを知った2人はカナダへ逃亡する。2人が逃げ込んだのは、ピーターが生まれ育った宗教コロニーだった。

その後、2人は成り行きで結婚式を挙げるが、ある日突然ピーターが自動車事故で死んでしまった。そのコロニーでは聖書の教えによる決まりで、女は死んだ夫の兄弟と再婚しなければならないとされていた。そこでハバナは、ピーターの弟でまだ12歳のジークと再婚することに。

ハバナはピーターが近隣に隠した大金を探すが、ジークが一足先にそれを見つけてしまう。大金の出所を知ったコロニーの長老ヴィルヘルムは、ハバナとジークにその大金を遊園地へ返しに行くように命じるが、ハバナはその大金を一人占めしようとして逃亡する。一方、彼らの事件を追うFBI捜査官のマーコウスキーもまた、その大金を横取りしようと企んでいた。

キャスト編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集