ボグダン2世(Bogdan II、1409年1451年10月17日)は、中世モルダヴィア公。「大公(cel Mare)」と称されるシュテファン3世の父であり[1]、「串刺し公」として有名なワラキア公ヴラド3世の叔父にあたる。1449年10月12日に即位したが、1451年10月17日に暗殺された。

ボグダン2世

在位期間
1449年10月12日 – 1451年10月17日
先代 アレクサンドレル英語版
次代 ペトル・アロン

出生 1409年
死亡 1451年10月17日
レウセニ
王室 ボグダン=ムシャット朝
父親 アレクサンドル1世 (?)
母親 不詳
信仰 東方正教会
テンプレートを表示

家族編集

ボグダン2世の母親は不明であり、このためアレクサンドル1世の婚外子であったとか、実際にはアレクサンドル1世の弟であったとする説を唱える歴史家も存在する。ボグダン2世の即位にはフニャディ・ヤーノシュの大きな支援があり、極めて良好な関係を築いていた。妻ドアムナ・オルテアは後にマリアという修道名で修道女となり、1465年11月4日に亡くなった。その亡骸はスチャヴァ県のプロボタ修道院に埋葬された。息子シュテファンは後にシュテファン3世としてモルダヴィア公に即位し、反オスマン帝国闘争を率いて大公と称された。

参考文献編集

  1. ^ Vlada Stanković (15 June 2016). The Balkans and the Byzantine World before and after the Captures of Constantinople, 1204 and 1453. Lexington Books. pp. 130–. ISBN 978-1-4985-1326-5. https://books.google.com/books?id=avTADAAAQBAJ&pg=PA130 
先代
アレクサンドレル英語版
モルダヴィア公
1449年–1451年
次代
ペトル・アロン