メインメニューを開く

ボドム湖殺人事件

ボドム湖殺人事件(ボドムこさつじんじけん、フィンランド語: Bodominjärven murhatスウェーデン語: Bodommorden)は、1960年フィンランドで起こった殺人事件である。

ボドム湖殺人事件
Bodominjärven murhat
Bodommorden
Bodomjarvi talvella.jpg
事件の舞台となったボドム湖(2004年)
場所  フィンランド ウーシマー州
エスポー ボドム湖湖畔(事件当時)
座標
標的 4名:男性2名、女性2名
日付 1960年6月5日 (午前4時から午前6時にかけて)
概要 湖畔でキャンプ中の若者4名が襲撃・殺害される
原因 不明
武器 ナイフ、鈍器
死亡者 3名:男性1名、女性2名
負傷者 1名:男性1名
犯人 不明
容疑 1名(後に無罪確定)
動機 不明
テンプレートを表示

事件は現在でも未解決のままで、新しい情報や見解が浮上する度にフィンランドのメディアに人気のあるテーマとして取り上げられた。

目次

事件の概要編集

事件は首都ヘルシンキから西に約22キロメートル離れたエスポー近くにあるボドム湖[1]で起こった。1960年6月5日早朝(午前4時から午前6時にかけて)、湖畔にキャンプしにきていた4人の若者達が何者かにナイフと鈍器で襲われ、3名が死亡、1名が重傷を負った。

被害者編集

  • マイラ・イルメリ・ビョルクルント(Maila Irmeli Björklund) - 当時15歳。ナイフによる刺し傷と鈍器による撲殺。
  • アニャ・トゥーリッキ・マキ(Anja Tuulikki Mäki) - 当時15歳。ナイフによる刺し傷と鈍器による撲殺。
  • セッポ・アンテロ・ボイスマン(Seppo Antero Boisman) - 当時18歳。ナイフによる刺し傷と鈍器による撲殺。
  • ニールス・ヴィルヘルム・グスタフソン(Nils Wilhelm Gustafsson) - 当時18歳。唯一の生存者。顔面を殴られ、顎と顔の骨を折る。

事件後の出来事編集

事件から約12年後の1972年6月、ある男が自殺する。彼はその遺書の中で自らがボドム湖殺人事件の犯人であると認めた。彼は湖近くのキヨスクに勤務し、被害者達にレモネードを販売していた。また、彼は湖でキャンプをする者たちを良く思っていないことで知られていた。しかし、警察は彼が犯人であることを否定した(警察の捜査によれば彼は事件当夜、妻や親友と共に自宅にいたとされる)。

また、2003年には事件時近くで医師として病院に勤務していたヨルマ・パロ(Jorma Palo)がこの事件に関する書籍を発行する。事件のあった日、彼は非常に怪しい男の治療にあたったという。この男はドイツ出身のハンス・アスマン(Hans Assmann)という人物で、KGBの諜報員だった。パロは、アスマンが真犯人だったが、彼がKGB諜報員だったために外交的理由によって彼には徹底した捜査が行われず揉み消されたと主張した。しかし、警察はこれを否定し、アスマンにはアリバイがあったと主張した。

グスタフソンの逮捕編集

事件から約45年後の2004年3月下旬、唯一の生存者であったグスタフソンが友人達を殺害した容疑で警察に逮捕された。2005年前半にフィンランド国家捜査局は血液染みの新しい鑑識法によって事件は解決したと宣言した。公式発表によると、グスタフソンは新しいガールフレンドであるビョルクルントに対する嫉妬から犯行に至ったとされる。彼女は複数の致命打を浴びた後にナイフで突き刺されているという残酷な物であったが、他の2名は少しも残酷には殺害されなかった。また、グスタフソンが負った傷は、さほど大きいものではなかったという点が注目された。

検察は無期懲役でグスタフソンを起訴し、2005年8月4日に裁判が始まった。検察は、古い証拠をDNA捜査などの現代の捜査手法によって再調査し、これによってグスタフソンが犯人であると主張した。弁護人は、犯人は部外者であり、グスタフソンの負傷の程度を考えれば3人を殺害することは不可能であったと主張した。同年10月7日、グスタフソンに対する全ての嫌疑は取り下げられた[2]

彼の無罪が確定し、フィンランドは彼に再拘留期間から算定した44,900ユーロの補償金を支払った。

文化的な影響編集

フィンランド出身のメタルバンド、チルドレン・オブ・ボドムの名前の由来は、この事件からである。エスポー出身でもあるバンドメンバーはバンド名を決めるために地元の電話帳から良い名前を探し、そこで偶然ボドム湖を発見した。その名前のインパクトと、過去の出来事は彼らの興味をそそった。

出典編集

  1. ^ Palo, Jorma. Bodomin arvoitus. Helsinki: WSOY, 2003. - p.8. - ISBN 9789510278932.
  2. ^ Court finds Gustafsson not guilty of 1960 Bodom Lake triple murder