ボニート (マットグロッソ・ド・スル州)

ボニート (Bonito) は、ブラジルマットグロッソ・ド・スル州に位置する基礎自治体2020年時点の人口は 22,190人、面積は4,934平方キロメートル (1,905 sq mi)。

ボニート
ボニートの目抜き通り。
ボニートの目抜き通り。
ボニートの公式印章
印章
愛称: 
Capital do ecoturismo
エコツーリズムの首都)
マットグロッソ・ド・スル州内の位置。
マットグロッソ・ド・スル州内の位置。
座標:南緯21度08分 西経56度29分 / 南緯21.133度 西経56.483度 / -21.133; -56.483座標: 南緯21度08分 西経56度29分 / 南緯21.133度 西経56.483度 / -21.133; -56.483
ブラジルの旗 ブラジル
地域 中西部地域
マットグロッソ・ド・スル州
設立 1948年
政府
 • 市長 José Artur Soares de Figueiredo PMDB
面積
 • 合計 4,934 km2
標高
315 m
人口
(2020年[1]
 • 合計 22,190人
 • 密度 3.6人/km2
等時帯 UTC-4 (UTC-4)
 • 夏時間 UTC-3 (UTC-3)
HDI (2000) 0.767 – high
ウェブサイト www.bonito.ms.gov.br
川でのシュノーケリング、2006年撮影。

エコツーリズムの拠点編集

ボドケーナ山地 (Serra da Bodoquena) の一角に位置するボニートは、「Capital do ecoturismo」すなわち「エコツーリズムの首都」と称されることがある[2]

ボニートの周辺には、透明度の高い河川や湖、鍾乳洞、森林などの自然が多く、環境への負荷に配慮して受け入れ人数を制限した形でのツアーが様々に組まれている[3]

脚注編集

  1. ^ IBGE 2020
  2. ^ Carlos Arakaki (2019年5月12日). “BONITO: AFINAL, COMO REALMENTE ESTÁ A CAPITAL DO ECOTURISMO?”. Zagaia. 2021年3月14日閲覧。
  3. ^ ボニート”. ブラジリアーナピッツェリア豊橋. 2021年3月14日閲覧。

外部リンク編集