ボリス・ピリニャーク

ボリス・アンドレーヴィチ・ピリニャーク(Boris Pilnyak、Бори́с Пильня́к、1894年10月11日ユリウス暦9月29日〉 - 1938年4月21日)は、ロシア帝国ソビエト連邦小説家ヴォルガ・ドイツ系ロシア人。本姓はヴォーガウ(Wogau)。

ボリス・ピリニャーク
Pilnjak.jpg
生誕1894年10月11日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国モジャイスク
死没1938年4月21日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ州コムナルカ射撃場
配偶者マリヤ・ソコロワ、オリガ・シチェルビノフスカヤ、キラ・アンドロニカシヴィリ

モスクワ近郊に生まれる。1920年代のロシア・アヴァンギャルドの代表的な作家とされる。海外訪問も頻繁におこない、日本にも1926年、1932年と2度訪れている。それを口実に「日本のスパイ」とされ、銃殺された[1]

宮本百合子の『道標』にも、彼をモデルとした作家が登場するが、百合子をモデルにした主人公に言い寄ろうとする存在として描かれている。

生涯編集

モスクワ近郊の古都モジャイスクで生まれる。父は医者で、エカチェリーナ2世の統治下で定着したヴォルガ・ドイツ人の農民の子孫である。母はサラトフの古い商家の出身。9歳から文筆に興味を持ち、初期の段階でアンドレイ・ベールイアレクセイ・レミゾフ、およびエヴゲーニイ・ザミャーチンから影響を受ける。

1960年代後半から1970年代にかけてソ連で再評価が進んだ。

影響編集

ピリニャークは一般に1920年代の最も偉大なロシアの小説家と見なされており、マクシム・ゴーリキーに次いで当時二番目に読まれた作家であった。そのモダニズム的文体は、ロシアのみならず、多くのユーゴスラビアの作家にも影響を与えた。その中で特に有名な作家にダニロ・キシュドゥブラヴカ・ウグレシィチミオドラグ・ブラトビッチ(Miodrag Bulatović)などが居る。ダニロ・キシュは、ユーリイ・オレーシャイサーク・バーベリなど共に深い影響を受け、愛好したロシアの作家として、ピルニャークをしばしば引用していた。

日本語訳書編集

脚注編集

  1. ^ J・アンネンコフ 『同時代人の肖像 中』現代思潮社、1971年、141頁。 

参考文献編集