ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団

ボルツァーノ・トレント・ハイドン管弦楽団: Orchestra Haydn di Bolzano e Trento, : Haydn-Orchester von Bozen und Trient)は、イタリアオーケストラである。

歴史編集

1960年にイタリアの南チロルトレンティーノ=アルト・アディジェ州トレントを本拠地として設立された。2003年よりグスタフ・クーンを芸術監督に迎えてからは録音活動を活発化させ、ベートーヴェンシューマンブラームスの交響曲全集を完成させたほか、ヴェルディのオペラ『アッティラ』の映像録音などの珍しい作品も作成している。

日本人では指揮者の三ツ橋敬子松村秀明、ピアニストの菊池洋子が客演している。

芸術監督編集

常任指揮者編集

首席指揮者編集

外部リンク編集