ボフダン・パチンスキ

ポーランドの天文学者

ボフダン・パチンスキ(Bohdan Paczyński, 1940年2月8日 - 2007年4月19日)は、ポーランド天文学者である。恒星進化論の分野の主導的な科学者である。

ボフダン・パチンスキ
Bohdan Paczyński
Bohdan Paczyński.jpg
生誕 1940年2月8日
現リトアニア,ヴィリニュス
死没 2007年4月19日
USA,プリンストン
研究分野 天文学
研究機関 プリンストン大学
主な受賞歴 王立天文学会ゴールドメダル (1999)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

リトアニアビリニュスに生まれた。 ワルシャワ大学で学び、ポーランドで活動した後、1981年にアメリカ合衆国に移住して、プリンストン大学の教授となった。

パチンスキーは重力レンズ変光星ガンマ線バースト、銀河の構造などについて研究している。

重力レンズをつかって新しい天体を発見し、天体の質量を計測する方法によって世界的な評価を得た。重力マイクロレンズ現象(恒星の光が、手前を通過する見えない天体の重力の作用によって一時的に明るくなる現象)の存在を予言した。またガンマ線バーストが遠方の宇宙で起きていることをはやくから提唱した。

賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集