ポウォツク県 / ポロスカス県ポーランド語: Województwo połockie / リトアニア語: Polocko vaivadija)はリトアニア大公国、後にポーランド・リトアニア共和国の県である。県の行政中心地はポウォツク(現ベラルーシポラツク)に置かれた。
*本項の地名はポーランド語を用いている。各言語に基づく表記は注釈の関連地名対応表を参照されたし。

ポーランド・リトアニア共和国内のポウォツク県の位置
県章

歴史編集

ポウォツク県は東をヴィテプスク県、南をミンスク県、西をヴィルノ県(ru)と接していた。北の県境は、帝政ロシアとの戦争によってしばしば引き直された[注 1]

ポウォツク(ポロスカス)県は1504年にポロツク公国を廃して設置された。その後1569年のルブリン合同によってポーランド・リトアニア共和国の県(ヴォイヴズトヴォ)となった。リトアニア領の他の県とは異なり、ポウォツク県内には郡(ポヴィャト)が設置されなかった。県からは2人の議員が国会(セイム)に派遣された。17世紀半ばの人口は18万5632人であり、うち農民は2万3204人であった[1]

1772年の第1次ポーランド分割によって、県都ポウォツクを含む県域の一部が帝政ロシアに割譲された[2]。県都はレペルへ、その後1776年にUszacz、1791年にCzaśnikiへと動かされた。1793年の第2次ポーランド分割によって、県全域が帝政ロシア領となった。なお、帝政ロシアではポウォツクを行政中心地とするポロツク県が設置されている[2]

行政の長編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 例えば、現ロシア・セーベジネヴェリ等の都市の所有権が、両国間においてしばしば入れ替わっている。
関連地名対応表
ポーランド語 リトアニア語 ベラルーシ語 ロシア語
ポウォツク ポロスカス ポラツク ポロツク
Witebsk Vitebskas ヴィツェプスク
ミンスク ミンスカス ミンスク
ヴィルノ ヴィリニュス
レペル レペリス レペリ
Uszacz ウシャチ(ru)
Czaśniki Čašnikai チャシニキ

出典編集

  1. ^ Дэмаграфічныя табліцы 1. Насельніцтва Беларусі ў сярэдзіне XVII ст. па паветах
  2. ^ a b Беларуская энцыклапедыя: У 18 т. Т.12: Палікрат — Праметэй / Рэдкал.: Г. П. Пашкоў і інш. — Мн.: БелЭн, 2001. — Т. 11. — 560 с.

参考文献編集

  • Wolff J. Senatorowie i dygnitarze Wielkiego Księstwa Litewskiego 1386—1795. — Kraków, 1885. — S. 44—48.