メインメニューを開く
ポドリャスニクを着用した司祭(シビウ、ルーマニア正教会)
ポドリャスニクを着用した司祭シビウルーマニア正教会
ポドリャスニクを着用した司祭(ポーランド正教会)
ポドリャスニクを着用した司祭ポーランド正教会

ポドリャスニク[1]ギリシア語: ράσον もしくは αντερί, ロシア語: подрясник, 英語: inner cassock, anteri, podryasnik, or cassock)は、足首までの長さのある、教衆修道士・男子神学生に着用される衣類。普段、全ての教衆祭服の下にこれを着用する。リヤサを着用する際には、リヤサの下にポドリャスニクを着用する。

ポドリャスニクロシア語: "подрясник"からの転写による表記。

ギリシア語: "αντερί"からはアンテリと転写・表記し得る。ギリシャ語では単にラソもしくはラーソράσον)と呼ばれる事もあるが、ラソ(ラーソ)はエクソラソン(リヤサ)も指す語彙である。

英語: "inner cassock"からはインナーキャソックインナーカソック)とも転写・表記し得る。

脚注編集

参考文献編集

  • Cassock - OrthodoxWiki - 16:32, June 21, 2010(UTC)の版より、"Eastern practice"節内の箇条書き"The inner cassock"以下の部分のうち、第一文と第四文を注釈つきで翻訳したものが初版。