メインメニューを開く

ポーランドの首相ポーランド語: Premier Polski)は、ポーランド行政府の長。正式な名称は閣僚評議会議長ポーランド語: Prezes Rady Ministrów)。

ポーランドの旗 ポーランド
閣僚評議会議長
Prezes Rady Ministrów
Logo-kprm.png
閣僚評議会議長章
担当官庁 ポーランド首相府
任命者 アンジェイ・ドゥダ
大統領
初代 タデウシュ・マゾヴィエツキ
創設 1989年8月24日
公式サイト www.premier.gov.pl
テンプレートを表示
首都ワルシャワの首相府

目次

任命編集

指名・任命は大統領によって行われる。ただし、首相任命後14日以内に内閣はセイム(下院)の過半数の信任を受ける必要がある(憲法第154条2)ため、大統領が下院の議席配分を無視して首相を任命することは事実上不可能である。また内閣不信任の場合は新首相候補の指名を必要とする、「建設的不信任制」を採用している(憲法第158条)。

権限編集

1997年以降のポーランドの憲法では、大統領の権限が縮小されてドイツ連邦大統領などのように儀礼的な国家元首としての色合いが強くなり、憲法では閣僚評議会(内閣)が「ポーランド共和国の内政及び外交政策を実施する」(第146条1項)、「政府行政を指揮する。」(第146条3項)となっているため[1]、首相が実際の国政を行う議院内閣制になっている。

歴代首相編集

脚注編集

  1. ^ (仮訳)ポーランド共和国憲法(駐ポーランド日本大使館公式サイト PDF)

外部リンク編集