ポーランド文学古典叢書

ポーランド文学の古典叢書

ポーランド文学古典叢書』(ポーランドぶんがくこてんそうしょ)は、未知谷が発行するポーランド文学の古典を集めた叢書[1]。2013年12月より刊行されている。翻訳者は関口時正久山宏一ら。装幀は菊地信義

「度重なる分割、ホロコースト等の悲劇を経て今なお「ポーランド」という国が存在するのは、彼らが自らにまつわる物語=歴史を記し、有機的かつ実効性ある緊密禁固な文学空間を築いてきたからこそ、という言い方には一定の説得力があり、ポーランド語「帝国」の呼称さえ可能である。この、世界文学の中でも一種独自の境地に達したポーランド文学を体系的に紹介」[2]するとしている。

ポーランド広報文化センターの助成を得て「2019年の日本ポーランド国交100年までを一応の目標」として順次刊行予定[2]

シリーズのラインナップ編集

  1. 『挽歌』(ヤン・コハノフスキ関口時正訳) 2013年
  2. ソネット集』(アダム・ミツキェーヴィチ久山宏一訳) 2013年
  3. 『バラードとロマンス』(アダム・ミツキェーヴィチ、関口時正訳) 2014年
  4. 『ディブック / ブルグント公女イヴォナ』(S・アン=スキ / ヴィトルト・ゴンブローヴィチ西成彦編、赤尾光春 /関口時正訳) 2015年
  5. 『ヴィトカツィの戯曲四篇』(スタニスワフ・イグナツィ・ヴィトキェーヴィチ、関口時正訳) 2015年
  6. 『人形』(ボレスワフ・プルス、関口時正訳) 2017年 - 2017年度第69回読売文学賞の研究・翻訳賞受賞[3]
  7. 『祖霊祭 ヴィリニュス篇』(アダム・ミツキェーヴィチ、関口時正訳) 2018年
  8. 『ミコワイ・レイ氏の鏡と動物園』(関口時正訳・著) 2021年

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ a b [2]
  3. ^ [3]

外部リンク編集