関口 時正(せきぐち ときまさ、1951年12月 - )は、日本文学者翻訳家。 専門は、ポーランド文学文化論比較文学東京外国語大学名誉教授。「ポーランド文学古典叢書」の主要な訳者のひとり。

略歴編集

受賞・受章編集

  • 1981年 ポーランド共和国文化大臣より《ポーランド文化功労章》受章
  • 2007年 《ポーランド外務大臣表彰》
  • 2009年  ポーランド共和国大統領より《ポーランド共和国功労勲章オフィツェルスキ十字勲章》受章
  • 2015年 ポーランド共和国文化・国家遺産大臣より《文化功労章グロリア・アルティス》銀メダル受章
  • 2018年 『人形』(ボレスワフ・プルス作)で第69回読売文学賞および第4回日本翻訳大賞
  • 2018年 《ポーランド舞台藝術作家・作曲家連盟ZAiKS賞》受賞(ポーランド文学の日本語翻訳におけるすぐれた功績に対して)
  • 2019年 ポーランド《フリデリク・ショパン協会賞》受賞(フリデリク・ショパンの作品と人物を世に紹介普及した優れた功績に対して)
  • 2020年 ポーランド共和国大統領より《ポーランド共和国功労勲章コマンドルスキ十字勲章》受章
  • 2021年 《トランスアトランティック賞》受賞(国外におけるポーランド文学の素晴らしいアンバサダーに対してThe Polish Book Institute (Instytut Książki)から贈られる最高賞)
  • 2021年 ポーランド科学アカデミー国語審議会の推挙にもとづき、ポーランド共和国上院議長より「在外ポーランド語大使(Ambasador Polszczyzny poza Granicami Kraju)」の名誉称号授与。

著書編集

共編著編集

  • 『白水社ポーランド語辞典』(石井哲士朗,木村彰一,工藤幸雄,小原雅俊,塚本桂子,吉上昭三共編、白水社) 1981
  • 『ポーランド文学の贈りもの』(編、恒文社) 1990
  • 『チェスワフ・ミウォシュ詩集』(沼野充義共編、成文社) 2011
  • 『ポーランド声楽曲選集 第1巻 ショパン歌曲集』(訳詞と解説、小早川朗子、寺門祐子解説、ハンナ)2014
  • 『ポーランド声楽曲選集 第2巻 ポーランドのクリスマス聖歌 12のコレンダ』(小早川朗子共編、ハンナ)2015
  • 『ポーランド声楽曲選集 第5巻 シマノフスキ歌曲選集 I 』(重川真紀、小早川朗子共著・編集、ハンナ)2018
  • 『ポーランド声楽曲選集 第6巻 ポーランド語《詩篇》のための音楽』(ミコワイ・ゴムウカ (著), 黄木千寿子、小早川朗子共編、ハンナ)2020
  • 『ポーランド声楽曲選集 第7巻 シマノフスキ歌曲選集Ⅱ』(重川真紀、小早川朗子共著、ハンナ)2022

翻訳編集

「ディブック」は赤尾光春
  • 『ヴィトカツィの戯曲四篇』(スタニスワフ・イグナツィ・ヴィトキェーヴィチ、未知谷、ポーランド文学古典叢書6) 2015
  • 『短篇ベスト10』(スタニスワフ・レム沼野充義,久山宏一,芝田文乃共訳、国書刊行会、レム・コレクション) 2015
  • 『主の変容病院 / 挑発』(スタニスワフ・レム、国書刊行会、レム・コレクション)2017
  • 『人形』(ボレスワフ・プルス、未知谷、ポーランド文学古典叢書7) 2017
  • 『祖霊祭 ヴィリニュス篇』(アダム・ミツキェーヴィチ、未知谷、ポーランド文学古典叢書8) 2018
  • 『インヴィンシブル』(スタニスワフ・レム、国書刊行会、レム・コレクション第2期) 2021
  • 『歌とフラシュキ』(ヤン・コハノフスキ、未知谷、ポーランド文学古典叢書10)2022

関連項目編集