メインメニューを開く

関口 時正(せきぐち ときまさ、1951年12月 - )は、日本文学者。専門は、ポーランド文学文化論比較文学

東京外国語大学名誉教授。「ポーランド文学古典叢書」の主要な訳者のひとり。

略歴編集

著書編集

単著編集

共編著編集

  • 『白水社ポーランド語辞典』石井哲士朗木村彰一工藤幸雄小原雅俊、塚本桂子、吉上昭三共編白水社、1981年
  • 『ポーランド文学の贈りもの』 編、恒文社 1990
  • 『フォーラム・ポーランド2007年会議録』関口時正, 田口雅弘 (著), フォーラムポーランド、ふくろう出版 2008
  • 『フォーラム・ポーランド2008年会議録』関口時正, 田口雅弘 (著), フォーラムポーランド、ふくろう出版 2009
  • 『フォーラム・ポーランド2009年会議録』関口時正, 田口雅弘 (著), フォーラムポーランド、ふくろう出版 2010
  • 『チェスワフ・ミウォシュ詩集』沼野充義共編 成文社、2011年
  • 『ポーランドとその隣人たち〈1〉フォーラム・ポーランド2011年会議録』関口時正, 田口雅弘 (著), フォーラムポーランド ふくろう出版 2012
  • 『ポロネーズをめぐって』関口時正 (著, 編集), 田口雅弘 (著, 編集), フォーラム・ポーランド (監修) ふくろう出版 2013
  • 『変貌する世界地図とポーランド―その今日・明日 フォーラム・ポーランド2013年会議録』フォーラム・ポーランド (監修), 関口時正 (編集), 田口雅弘 (編集) ふくろう出版 2014
  • 『ポーランド声楽曲選集 第2巻 ポーランドのクリスマス聖歌 12のコレンダ (ポーランド声楽曲選集 第2巻)』関口時正,小早川朗子(編) ハンナ 2015

訳書編集

亀山郁夫河野万里子赤根洋子田口俊樹共訳、文藝春秋、2010年
  • 『ショパン全書簡 1816~1831年 ポーランド時代』ゾフィア・ヘルマン、ズビグニェフ・スコヴロン、ハンナ・ヴルブレフスカ=ストラウス編
重川真紀、平岩理恵、西田論子共訳、岩波書店、2012年 
  • ヤン・コハノフスキ『挽歌』未知谷、2013年
  • アダム・ミツキェーヴィチ『バラードとロマンス』未知谷、2014年
  • ヴィトルト・ゴンブローヴィチ「ブルグント公女イヴォナ」(西成彦編『ディブック/ブルグント公女イヴォナ』未知谷、2015年)
  • 『12のコレンダ――ポーランドのクリスマス聖歌』小早川朗子共編 ハンナ、2015年
  • スタニスワフ・イグナツィ・ヴィトキェーヴィチ『ヴィトカツィの戯曲四篇』未知谷、2015年
  • スタニスワフ・レム『短篇ベスト10 (スタニスワフ・レム・コレクション)』沼野充義, 関口時正, 久山宏一, 芝田文乃共訳 国書刊行会 2015
  • スタニスワフ・レム 『主の変容病院・挑発』国書刊行会「レムコレクション」、2017年
  • ボレスワフ・プルス『人形』未知谷 ポーランド文学古典叢書 2017

関連項目編集