メインメニューを開く

ポール・コラン(Paul Colin、1892年6月27日 - 1985年6月18日)は、アール・デコを代表するフランスのグラフィックデザイナー

ポスターを得意とする。キュビスム未来派構成主義の要素を取り入れた、幾何学的な意匠が特徴である。

1926年には美術学校を設立し、教育にも力を入れた。

ルーポカルリュカッサンドルとともに、(ダルタニアンを含めた)「三銃士」と呼ばれ、「フランス広告界の支配者的存在」であった(下記参考文献13ページ参照)。

代表作編集

  • ポスター「黒人レヴュー シャンゼリゼ・ミュージックホール(La Revue Nègre au Music-hall des Champs-Élysées)」(1925年)
  • ポスター「ジョセフィン・ベーカー(Jpsephine Baker)」(1920年代後半)
  • ポスター「タバラン(ダンス・ホール)(Tabarin)」(1928年)

参考文献編集

  • 「アール・デコのポスター展」展覧会カタログ(東京国立近代美術館フィルムセンター・1995年)
    • 掲載されている作品は、以下の3点。
      • タバラン(ダンスホール)、1928年、リトグラフ、67x48.3cm、東京国立近代美術館蔵
      • アンドレ・ルノー(ピアニスト)、1929年、リトグラフ、156x114cm、東京国立近代美術館蔵
      • トランザトランティック総合会社、1930年頃、リトグラフ、100x61.5cm、東京国立近代美術館蔵

関連項目編集

外部リンク編集