メインメニューを開く

ポール・ブリックヒルPaul Brickhill1916年12月20日 - 1991年4月23日)はオーストラリア作家。 映画『大脱走』、『暁の出撃』などの原作者。

ポール・ブリックヒル
Paul Brickhill
生誕 (1916-12-20) 1916年12月20日
死没 (1991-04-23) 1991年4月23日(74歳没)

略歴編集

ポール・ブリックヒルは、1916年にオーストラリアのメルボルンで生まれた。シドニー大学卒業後は新聞記者として勤めていたが、1940年オーストラリア空軍に志願し、北アフリカ戦線で戦闘機パイロットとして戦うことになった。1943年、彼はチュニジア上空の空戦で撃墜され、脱出するも捕虜となった。その後ドイツに送られ、スタラグ・ルフト IIIに収容されている。 戦後は自らの体験を生かして『大脱走』や『暁の出撃』、『殴り込み戦闘機隊』といった作品を生み出した。 1991年にシドニーで死去。

外部リンク編集

参考文献編集

  • ポール・ブリックヒル『暁の出撃』 矢嶋由哉訳、朝日ソノラマ、1991年