マアーン県(マアーンけん、アラビア語: محافظة معان‎)は、ヨルダンを構成する(ムハーファザ)の1つである。県都はマアーンアカバ県タフィラ県カラク県などの東にあり、サウジアラビアとの国境の砂漠地帯を管轄しており、ヨルダンの県の中で最も広い面積を持つ。その代わり、人口密度はヨルダンの県の中では最も低い。

マアーン県

محافظة معان
Ma'ān
マアーン県の位置
マアーン県の位置
ヨルダンの旗 ヨルダン
県都 マアーン
面積
 • 合計 32,832 km2
人口
(2012年)
 • 合計 121,400人
 • 密度 3.7人/km2
等時帯 UTC+2 (EET)
 • 夏時間 UTC+3 (EEST)
ISO 3166コード JO-MN

地理編集

県内にはヨルダンでももっとも標高の高い山岳部がある。またペトラなどセム系諸王国の遺跡や、シュバク城やモンレアル城などの十字軍遺跡も抱える。

 
シューバク(Shoubak)の町。冬季は降雪も見られる

隣接する県編集

下位行政区画編集

 
マアーン県の郡

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集