メインメニューを開く
マアーン県の位置

マアーンمعان, Ma'an)はヨルダン南部の都市でマアーン県の県都。首都アンマンの南218kmに位置する。人口は1992年の国勢調査では22,989人で、2007年の推計では27,573人[1]

マアーンの街は、少なくとも紀元前2世紀から紀元1世紀ナバテア王国の時代に存在した。現在のマアーンは古代都市の北と西に広がっている。古代には、エジプトからシナイ半島を貫いてアカバに至り、ペトラ、マアーン、カラクラバト・アンモンゲラサボスラダマスカスシリア砂漠を横断しタドモルを経てユーフラテス川に至る重要な街道があり、エドムモアブアモンなどセム系の諸王国が割拠していたことから「王の道」(King's Highway)と呼ばれ旧約聖書民数記20章17節-20説)にも言及されていた。現在はアンマンから南へ伸びる国道が走っている。

リベラル的なヨルダンではあるが、マアーンでは敬仰なイスラム教徒が多く住む。

脚注編集