マイケル・ド・ラ・ポール (第3代サフォーク伯)

第3代サフォーク伯マイケル・ド・ラ・ポール英語: Michael de la Pole, 3rd Earl of Suffolk1394年 - 1415年10月25日)は、イングランドの貴族、第2代サフォーク伯マイケル・ド・ラ・ポール英語版キャサリン・ド・スタッフォード英語版の間に生まれた男子であった。

マイケル・ド・ラ・ポール
Michael de la Pole
第3代サフォーク伯
Arms of De La Pole.svg
ド・ラ・ポールの紋章。アジュール地に、3つの豹の頭の間のフェス

出生 1394年
死去 1415年10月25日
配偶者 エリザベス・モウブレー
子女 キャサリン
エリザベス
家名 ド・ラ・ポール家
父親 第2代サフォーク伯マイケル・ド・ラ・ポール英語版
母親 キャサリン・ド・スタッフォード英語版
テンプレートを表示

生涯編集

1415年に、20人の重騎兵 (man-at-arms) と、60人の弓兵をとともに、父に従ってフランスに渡ったが、父はアルフルール包囲戦英語版で戦死した[1]。このためマイケルは父の爵位を継承したが、それを長く保持することはないまま7週間後のアジャンクールの戦いで自らも戦死してしまった[2]。これはこの戦いにおける数少ないイングランド方の重要な戦死者のひとりであった。マイケルは1403年11月より前の時点で初代ノーフォーク公トマス・モウブレーの娘エリザベス(Elizabeth Mowbray)と結婚していたが[3]、息子はおらず、娘2人が残された[4]

マイケルの爵位は、弟であるウィリアム・ド・ラ・ポールが継承した。マイケルの亡骸は、彼が聖職推挙権英語版を保有していたサフォーク州のバトリー・プライオリー英語版に葬られたとも、オックスフォードシャーユーウェルム英語版のセント・メアリ・ザ・ヴァージン教会(The Church of St. Mary the Virgin)に葬られたとも伝えられている。

脚注編集

  1. ^ Joseph Hunter (1850). Agincourt: a contribution towards an authentic list of the commanders of the English host in King Henry the Fifth's expedition to France, in the third year of his reign. Cowen Tracts: Newcastle University. Stable URL: http://www.jstor.org/stable/60201871
  2. ^ Michael Bennett, Agincourt 1415:Triumph against the Odds, (Osprey, 1991), 24.
  3. ^ Walker, Simon (2004). “Pole, Michael de la, second earl of Suffolk (1367/8–1415)”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. http://www.oxforddnb.com/view/article/22453 2007年1月2日閲覧。 
  4. ^ De la Pole family”. 2007年1月2日閲覧。
イングランドの爵位
先代:
マイケル・ド・ラ・ポール
サフォーク伯
1415年
次代:
ウィリアム・ド・ラ・ポール