マシン・ガン・ケリー

マシン・ガン・ケリー (: Machine Gun Kelly1990年4月22日 - ) とは、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身のラッパー歌手俳優である。通称、MGK。192cmの長身に端正な顔立ちで知られており、俳優としても活動している[1]

Machine Gun Kelly
MGK (48250880612) (cropped).jpg
基本情報
出生名 Colson Baker
別名 MGK, Kells
生誕 (1990-04-22) 1990年4月22日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州クリーブランド
ジャンル ヒップホップ
クランク
ポップ・パンク
活動期間 2008年-現在
レーベル アメリカ合衆国の旗EST, Bad Boy, Interscope
公式サイト mgklaceup.com

略歴編集

 
ライブでのマシン・ガン・ケリー(2018年)

2011年8月、老舗メジャーレーベルのバッド・ボーイ・レコードと契約。

2012年3月20日、初の公式音源となるミニアルバム『Half Naked & Almost Famous』をリリース。全米アルバムチャートにて、初登場46位を記録[2]

2012年10月9日、デビューアルバム『Lace Up』をリリース。全米アルバムチャートにて、初登場4位を記録した[3]

2015年10月16日、2作目のアルバム『General Admission』をリリースする。

2016年、カミラ・カベロをフィーチャーしたシングル「Bad Things」が米Billboard Hot 100で最高4位とヒットする[4]

2017年5月12日、3作目のアルバム『Bloom』をリリースする。

2019年7月5日、4作目のアルバム『Hotel Diablo』をリリースする。同年、モトリー・クルーの伝記映画のザ・ダートにドラマーのトミー・リー役で主演を飾る[5]

2020年9月25日、ラップを廃し、メロコアに転向した5作目のアルバム『Tickets to My Downfall』をリリースする。全米Billboard 200で初の1位を獲得した[6]

ディスコグラフィー編集

スタジオ・アルバム

  • Lace Up (2012年)
  • General Admission (2015年)
  • Bloom (2017年)
  • Hotel Diablo (2019年)
  • Tickets to My Downfall (2020年)

フィルモグラフィ編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Yarborough, Chuck (2014年11月12日). “Machine Gun Kelly's debut film, 'Beyond the Lights,' suffers from predictability” (英語). cleveland. 2020年11月15日閲覧。
  2. ^ Machine Gun Kelly”. Billboard. 2020年11月15日閲覧。
  3. ^ Machine Gun Kelly”. Billboard. 2020年11月15日閲覧。
  4. ^ Machine Gun Kelly”. Billboard. 2020年11月15日閲覧。
  5. ^ Smith, Troy L. (2018年3月12日). “Here's what Machine Gun Kelly looks like as Tommy Lee in 'The Dirt'” (英語). cleveland. 2020年11月15日閲覧。
  6. ^ Machine Gun Kelly”. Billboard. 2020年11月15日閲覧。

外部リンク編集