個の状態の間を状態間の遷移確率)の割合で移り変わる系を考える。この系が状態をとる確率の時間変化は次のマスター方程式(マスターほうていしき、: master equation)で記述される。

関連項目編集

参考文献編集