マッティ・マッコネン

マッティ・マッコネン(Matti Makkonen、1952年4月16日(スオムッサルミ)-2015年6月26日(セイナヨキ))はフィンランドエンジニアである。

携帯電話初期の技術の確立に携わり、SMSを開発した人物である[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ マッコネン氏に英エコノミスト・イノベーション賞=SMS発明で”. ビジネスワイヤ (2008年11月4日). 2013年9月1日閲覧。