マニウス・オタキリウス・クラッスス

マニウス・オタキリウス・クラッススラテン語: Manius Otacilius Crassus、生没年不明)は共和政ローマ中期の政治家、軍人[1]紀元前263年執政官に選出され、第一次ポエニ戦争初期を戦った。紀元前261年の執政官であるティトゥス・オタキリウス・クラッススは、彼の兄弟と推定される。

Rmn-social-header-1-.svg
マニウス・オタキリウス・クラッスス
M'. Otacilius C. f. M'. n. Crassus
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 オタキリウス氏族
官職 執政官(紀元前263年, 紀元前246年)
指揮した戦争 第一次ポエニ戦争(紀元前263年)
テンプレートを表示

経歴編集

紀元前264年、メッセネ(現在のメッシーナ)を支配していたマメルティニの要請を受け、ローマは執政官アッピウス・クラウディウス・カウデクスをシケリア(シチリア)に派遣した。カウデクスはシュラクサイ僭主ヒエロン2世カルタゴ軍を撃破し、第一次ポエニ戦争が開始された。

翌紀元前263年、クラッススとマニウス・ウァレリウス・マクシムスが執政官に選出され[2]、それぞれ2個軍団を率いてシケリアに派遣された。

ローマ軍はアドラノン(現在のアドラーノ)を攻略した後、ケントリペ(現在のチェントゥーリペ)を包囲し、また他の幾つかのシケリア都市を占領した[3]。その後シュラクサイに向かい、ヒエロン2世に平和条約締結を強要した。シュラクサイがローマ側についたことにより、カルタゴ軍はメッセネの包囲を中止して撤退した。この功績により、同僚のウァレリウスのみが凱旋式を挙行し、メッサラのコグノーメンが与えられている[4]

紀元前246年、クラッススは再び執政官に選出されている。同僚執政官はマルクス・ファビウス・リキヌスであった[1]。彼らは恐らくシケリアに遠征した[5]

脚注編集

  1. ^ a b William Smith, Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology, 1, Boston: Little, Brown and Company, pag.882 Vol.1 # 1
  2. ^ F. X. de Feller, Historical Dictionary; ie, abridged history of memorable men for ingenuity, doctrine, virtue, mistakes, crimes, from the beginning until today vol. 1, G. Badger, 1830, pp. 491 and 608
  3. ^ F. Canali De Rossi, Diplomatic relations of Rome vol. 2, Herder, 2007, p. 4
  4. ^ Broughton Vol.1, pp. 203-204.
  5. ^ Broughton Vol.1, p. 216.

参考資料編集

  • G. De Sanctis - Storia dei Romani vol. 3 Parte II - Firenze, La Nuova Italia, 1969.
  • G. Giannelli - Roma nell' età delle guerre puniche - Bologna, Ceppelli, 1938.
  • E. Pais - Storia di Roma - Le guerre puniche - Torino, Unione tipografico-editrice torinese, 1935.
  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1. American Philological Association 

関連項目編集


公職
先代:
アッピウス・クラウディウス・カウデクス
マルクス・フルウィウス・フラックス
ローマ執政官 I
紀元前263年
同僚
マニウス・ウァレリウス・マクシムス・メッサッラ
次代:
ルキウス・ポストゥミウス・メゲッルス
クィントゥス・マミリウス・ウィトゥルス
先代:
ルキウス・カエキリウス・メテッルス II、
ヌメリウス・ファビウス・ブテオ
ローマ執政官 II
紀元前246年
同僚
マルクス・ファビウス・リキヌス
次代:
マルクス・ファビウス・ブテオ
ガイウス・アティリウス・ブルブス I