メインメニューを開く

「マネー」 ("Money (That's What I Want)") は、1959年8月に発売されたバレット・ストロングのシングル[2]

マネー
バレット・ストロングシングル
B面 Oh I Apologize
リリース
規格 45rpm78rpm
録音 1964年4月16日
アビイ・ロード・スタジオ
ジャンル ロック[1]
時間
レーベル モータウン
アンナ・レコード
作詞・作曲 ジェイニー・ブラッドフォード
ベリー・ゴーディ
バレット・ストロング シングル 年表
Let's Rock
(1959年)
Money (That's What I Want)
(1959年)
Yes, No Maybe So
(1960年)
テンプレートを表示

目次

概要編集

タムラ・レーベルからリリースされ、アンナ・レコードによって配給された。曲はタムラ・レーベルの創始者ベリー・ゴーディジェイニー・ブラッドフォードの手による。ゴーディのレーベルは後モータウンと名を変える。

ビルボード誌が発表したHot R&B/Hip-Hop Songsチャートでは2位、Billboard Hot 100では23位を記録し[3]、モータウン初のヒット作となった。

後に多くの映画やテレビ番組で使用された。

プレイヤー編集

ビートルズによるカバー編集

マネー
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日
録音 1963年7月18日
ジャンル ロックンロール[6]
時間 2分48秒 (monaural version)
2分49秒 (stereo version)
2分27秒 ("Silver Beatles" version)
2分52秒 ("The Beatles Anthology 1"version)[注釈 1]
レーベル パーロフォン
作詞者 ジェイニー・ブラッドフォード
ベリー・ゴーディ
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズシングル盤 日本 年表
オール・マイ・ラヴィング
b/w
ラヴ・ミー・ドゥ
(1964年)
プリーズ・ミスター・ポストマン
b/w
マネー
(1964年)
ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
b/w
今日の誓い
(1964年)
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. イット・ウォント・ビー・ロング
  2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  3. オール・マイ・ラヴィング
  4. ドント・バザー・ミー
  5. リトル・チャイルド
  6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  7. プリーズ・ミスター・ポストマン
B面
  1. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
  2. ホールド・ミー・タイト
  3. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
  4. 彼氏になりたい
  5. デヴィル・イン・ハー・ハート
  6. ナット・ア・セカンド・タイム
  7. マネー

ビートルズのヴァージョンはジョン・レノンがリード・ヴォーカルを担当し、2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムアルバムウィズ・ザ・ビートルズ』ラストに収録された[8]

この曲ではピアノプロデューサージョージ・マーティンが弾いている。またライヴでも披露された。この曲はデビュー前からのビートルズが気に入っていた楽曲で、不合格になった1962年1月1日デッカ・レコードオーディションで演奏した15曲のうちの1曲でもある。

1969年9月13日、ジョンはトロントで行われた“Rock'N Roll Revival”で、エリック・クラプトンクラウス・フォアマンアラン・ホワイトと共にこの曲を披露している。

ミキシング編集

ステレオ・ヴァージョンではリムショットのガイドクリックがイントロに入いない他、ギターがありエコーがかかっている。

プレイヤー編集

収録アルバム編集

その他のカバー編集

ビートルズの他にも、ローリング・ストーンズエヴァリー・ブラザーズドクター・ジョン(1994年)、キングスメン、フライング・リザーズ、シークレット・マシーンズ、ソニックス、そして同じレーベルのシュープリームスミラクルズなど多くのアーティストによってカバーされた。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 演奏後のジョンの語りも含まれるため実際の演奏時間はさらに短い[7]
  2. ^ ダブルトラック処理が施されている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Edmondson, Jacqueline (2010). John Lennon: A Biography. ABC-CLIO. pp. 64–. ISBN 978-0-313-37938-3. 
  2. ^ The Complete Motown Singles Vol. 1: 1959-61 (CD liner notes). New York: Hip-O Select/Motown/Universal Records.
  3. ^ Whitburn, Joel (2004). Top R&B/Hip-Hop Singles: 1942–2004. Record Research. p. 554. 
  4. ^ a b Rohter, Larry (2013年8月31日). “For a Classic Motown Song About Money, Credit Is What He Wants”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/09/01/arts/music/for-a-classic-motown-song-about-money-credit-is-what-he-wants.html?_r=1 2018年12月16日閲覧。 
  5. ^ a b Barrett Strong – "Money (That's What I Want)"”. Classic Motown. 2018年12月16日閲覧。
  6. ^ Wyman, Bill (2017年6月7日). “All 213 Beatles Songs, Ranked From Worst to Best”. Vulture.com. 2018年12月16日閲覧。
  7. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー1』のインデックス
  8. ^ Money (That's What I Want)”. The Beatles Bible. 2008年10月30日閲覧。