マムター・バナルジー

マムター・バナルジー英語: Mamata Banerjee1955年1月5日[1] - )は、インドの政治家、第8代西ベンガル州首相。1998年から全インド草の根会議派の党首を務める[2]ディディという愛称で呼ばれることがある(ヒンディー語ベンガル語で「姉」を意味する)[3][4]

マムター・バナルジー
Mamata Banerjee
Mamata Banerjee - Kolkata 2011-12-08 7531 (cropped).JPG
2011年撮影
生年月日 (1955-01-05) 1955年1月5日(66歳)
出生地 インドの旗 インド西ベンガル州 コルカタ
出身校 コルカタ大学
所属政党 全インド草の根会議派

在任期間 2011年5月20日 -

在任期間 1998年1月1日 -

内閣 第2次マンモハン・シン内閣
在任期間 2009年5月22日 - 2011年5月19日

選挙区 コルカタ
在任期間 1991年 - 2011年

西ベンガル州議会議員
選挙区 コルカタ
在任期間 2011年9月28日 -
テンプレートを表示

鉄道大臣[5]、石炭大臣、鉱業大臣などを歴任した。2012年には、「タイム」誌の世界で最も影響力のある100人に選ばれている[6]

経歴編集

生い立ち編集

西ベンガル州のカルカッタ(現在のコルカタ )でベンガル人の家庭に生まれた [7][8]。17歳のときに父親を、十分な治療を受けられなかったために亡くしている[9]。彼女は自身がヒンドゥー教徒であることを認めている[10]

1970年に、Deshbandhu Sishu Sikshalayで後期中等教育を修了[9]ジョガマヤ・デビ大学英語版で歴史学の学士号を取得[11][12]。 その後、コルカタ大学でイスラム史の修士号を取得した[13]。この他に、教育学と法律学の学位も取得し、KIIT大学からは名誉博士号を授与されている[14]。またコルカタ大学からは文学博士号(D.Litt.)を授与されている[15]

バネルジーは独学で学んだ画家であり詩人でもある[16][17]。彼女の300枚の絵画は9000万ルピーで売却されている[18]

国民会議派の政治家として編集

バネルジーは、1970年代から政治家としての活動をインド国民議会ではじめ、党の地方組織で経験を積んでいった[19]。1984年総選挙で、インド共産党マルクス主義派のベテラン議員であったソームナート・チャタルジー英語版を破って、インドで最も若い国会議員の1人となった。次の1989年総選挙では、国民会議派に逆風が吹いていたため議席を失い、 1991年総選挙で再選された。その後は、1996年1998年1999年2004年2009年の総選挙でコルカタ南部の議席を守り続けた[20]

草の根会議派の立ち上げ編集

1997年、バネルジーは西ベンガル州の国民議会派を離党し、ムクルロイと共に全インド草の根会議派を結成した。1999年、同党はインド人民党主導の国民民主同盟(NDA)政権に加わり、バナルジーは鉄道大臣に就任した[20]

西ベンガル州首相編集

 
2015年7月27日にロンドンで開催されたイベントに、西ベンガル州首相として参加

2011年5月に開票が実施された西ベンガル州議会選挙では、全インド草の根会議派(TMC)と国民会議派(INC)およびインド社会主義統一センター英語版(SUCI)との連合で、227議席(TMC184議席、INC42議席、SUCI1議席)を獲得した。この結果により、長年続いたインド共産党マルクス主義派を中心とした左翼戦線政権が終焉むかえ、バネルジーは西ベンガル州初の女性首相に就任した[21]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “CM Mamata reveals her true age; says she is 5 years younger”. OneIndia. オリジナルの2013年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131227100356/http://news.oneindia.in/2012/01/26/mamata-reveals-her-true-age-says-she-is-5-yrs-younger.html 
  2. ^ Kohari, Alizeh (2011年5月20日). “Mamata Banerjee sworn in as West Bengal chief minister”. BBC News. オリジナルの2011年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110520130543/http://www.bbc.co.uk/news/world-south-asia-13465915 
  3. ^ “Mamata Banerjee’s hard-hitting poem targets PM Modi’s demonetisation decision, but fails to woo Netizens” (英語). The Indian Express. (2016年11月12日). オリジナルの2017年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171007121246/http://indianexpress.com/article/trending/trending-in-india/mamata-banerjee-poem-narendra-modi-demonetisation-decision-abolision-of-500-and-1000-notes-4372074/ 2017年10月7日閲覧。 
  4. ^ “The 1.8 crore question: Is Mamata Banerjee India's most underrated artist?” (英語). Firstpost. (2014年10月17日). オリジナルの2017年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171007124128/http://www.firstpost.com/politics/the-1-8-crore-question-is-mamata-banerjee-indias-most-underrated-artist-1759725.html 2017年10月7日閲覧。 
  5. ^ The Tribune, Chandigarh, India – R A I L W A Y B U D G E T”. The Tribune (2000年2月26日). 2012年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月16日閲覧。
  6. ^ “Time 100: Mamata Banerjee, Populist”. Time. (2012年4月18日). オリジナルの2012年4月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120419073120/http://www.time.com/time/specials/packages/article/0%2C28804%2C2111975_2111976_2111984%2C00.html 2012年4月18日閲覧。 
  7. ^ kheya bag. “Kheya Bag: Red Bengal's Rise and Fall”. New Left Review. 2013年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月16日閲覧。
  8. ^ Political Eclipse of Once Formidable Brahmins”. 2016年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月7日閲覧。
  9. ^ a b “A Fire-Dweller At The Kiln”. Outlook India. (2012年11月5日). オリジナルの2018年11月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181116202427/https://www.outlookindia.com/magazine/story/a-fire-dweller-at-the-kiln/282724 2019年2月5日閲覧。 
  10. ^ “Watch: Nusrat's Muslim, I am Hindu but we are exactly alike except she’s beautiful and I am not, says Mamata”. DNA. (2019年5月12日). https://www.dnaindia.com/india/photo-gallery-watch-nusrat-s-muslim-i-am-hindu-but-we-are-exactly-alike-except-she-s-beautiful-and-i-am-not-says-mamata-banerje-2748543 2019年6月8日閲覧。 
  11. ^ History of the College”. Jogamayadevicollege.org. 2011年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月13日閲覧。
  12. ^ 'My focus is always to be with the people' – Hindustan Times Archived 25 April 2011 at the Wayback Machine.
  13. ^ 15 facts about Mamata Banerjee that you probably don’t know - 15 facts about Mamata Banerjee that you probably didn’t know”. The Economic Times. 2017年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月19日閲覧。
  14. ^ Times of India Article on Mamata's Doctorate”. 2019年8月17日閲覧。
  15. ^ Mamata Banerjee receives D Litt degree, says intolerance is rising in the country”. The Indian Express (2018年1月11日). 2019年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月30日閲覧。
  16. ^ “The poet and painter in Mamata Banerjee's looks beyond Bengal”. Indian Express. (2013年2月18日). http://www.indianexpress.com/news/the-poet-and-painter-in-mamata-banerjees-looks-beyond-bengal/1075840/0 2013年4月2日閲覧。 
  17. ^ Publications, Poetry and Paintings : All India Trinamool Congress” (英語). aitcofficial.org. 2017年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  18. ^ “WTF: Mamata Banerjee Paintings Sold For 9 Crores” (英語). indiatimes.com. オリジナルの2018年5月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180513081145/https://www.indiatimes.com/culture/who-we-are/wtf-mamata-banerjee-paintings-sold-for-9-crores-285240.html 2018年5月12日閲覧。 
  19. ^ Mamta Banerjee Profile”. incredible-people.com. 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月17日閲覧。
  20. ^ a b “Mamata, the street-fighting politician and Left nemesis”. India Today. (2011年5月13日). オリジナルの2011年5月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110518043559/http://indiatoday.intoday.in/site/story/trinamool-congress-chief-mamata-banerjee-a-profile/1/138015.html 
  21. ^ “Mamata Banerjee sworn in as West Bengal chief minister”. BBC. (2011年5月20日). https://www.bbc.com/news/world-south-asia-13465915 2019年8月17日閲覧。