マラヤーリ

インドのケーララ州に起源をもつドラヴィダ人の一派

マラヤーリ (英語: Malayali,MalayaleeIPA: [mɐlɐjɐːɭi])またはケラライト (英語: Keralite)はインドケーララ州に起源をもつドラヴィダ人の一派である。彼らは主にマラヤーラム語を母語として話す[19]

Malayali people
マラヤーリ
മലയാളികൾ
居住地域
インドの旗 インド        41,838,819人[1]
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦1,014,000人[2]
クウェートの旗 クウェート634,728人[3]
サウジアラビアの旗 サウジアラビア595,000人[2]
カタールの旗 カタール445,000人[3]
マレーシアの旗 マレーシア228,900人[4]
オマーンの旗 オマーン195,300人[3]
バーレーンの旗 バーレーン101,556人[3]
カナダの旗 カナダ30,000人[5]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ84,000人[6]
オーストラリアの旗 オーストラリア53,206人[7][8][9]
イスラエルの旗 イスラエル46,600人[要出典]
イギリスの旗 イギリス45,264人[10]
シンガポールの旗 シンガポール26,000人[11]
アイルランドの旗 アイルランド10,642人[12]
ニュージーランドの旗 ニュージーランド6,000人[要出典]
パキスタンの旗 パキスタン6,000人[13]
ドイツの旗 ドイツ5,867人[14]
インドネシアの旗 インドネシア4,000人[要出典]
オーストリアの旗 オーストリア3,784人[15]
日本の旗 日本500人[16]
フィンランドの旗 フィンランド633人[17]
言語
マラヤーラム語
宗教
多数派
Om.svg ヒンドゥー教 – 54.73%[18]
少数派
Star and Crescent.svg イスラム教 – 26.56%[18]
Christian cross.svg キリスト教 – 18.38%[18]
Others – 0.33%[18]
関連する民族
スワーバット英語版を爪弾くマラヤーリの女性(ラヴィ・ヴァルマによる)

人口と分布編集

2011年のインドの統計によれば、マラヤーリはケーララ州人口の97%(約3,300万人)を占めている[20]。その他、タミル・ナードゥ州ニーラギリ県カンニヤークマリ県カルナータカ州ダクシナ・カンナダ県英語版コダグ県英語版[21]インドの主要な都市圏に少数のマラヤーリがいる。20世紀後半以降には、アラブ首長国連邦バーレーンサウジアラビアオマーンカタールクウェートといった湾岸諸国、およびマレーシアシンガポール[22]アメリカ合衆国[23]イギリスオーストラリア[7]ニュージーランド[24]カナダといった先進国などでもマラヤーリのコミュニティが構築されている。2013年現在、世界全体で1,600万人のマラヤーリ人のエクスパットがいると推計されている[25]マレーシアでは、2020年推計でインド系の内12.5%(34.8万人)をマラヤーリが占めており、タミル人に次ぐ規模のインド系集団となっている。18歳から30歳のマレーシアのマラヤーリ英語版はマレーシアへの移民の3世から5世の子孫である。

語源編集

マラヤーリの言語であるマラヤーラムの語は「山」や「丘」を表すmalaと「土地」や「地方」という意味を持つalamを組み合わせた語とされる[26][27][28]ケララは中世のインド洋貿易英語版の中でマラバルとして知られるようになった[29]。中世のインド洋貿易以前から「マラバル」は現在のケーララ州に加え、トゥル・ナードゥ英語版カンニヤークマリ県を表す語であった[30][31]。そして、この地の人々はマラバル人として知られるようになった。東インド会社の到達以前は「マラバル」は「ケララ」と共に、現在のケーララ州の地を表す語として使われていた[29]。6世紀ごろのコスマス・インディコプレウステースの地形図ではMaleの語が見られ、アラブの船乗りらもこの語を使っていたという。 ビールーニー (973年–1048年)は「マラバル」の語を使った最初期の作家であり[29]イブン・フルダーズベアル・バラドゥーリ英語版もマラバルの港について言及している[32]ウィリアム・ローガン (作家)英語版によれば、「マラバル」の語はマラヤーラム語Mala (丘の意味)とペルシア語またはアラビア語Barr (国/大陸の意味)の合成語であるとしている[33]。マラバル海岸の住民は「マラバーリ」として外国の貿易従事者に知られるようになった[29][33]。マラバーリはマラヤーリと同義の語である[29][33]

文化編集

脚注編集

  1. ^ Census of India”. 2008年1月7日閲覧。
  2. ^ a b “Kerala Migration Survey - 2014”. The Indian Express.( This is the number of approximate emigrants from Kerala, which is closely related to, but different from the actual number of Malayalis.) (17 September 2014). http://indianexpress.com/article/india/india-others/kerala-migration-survey-2014-states-youth-still-fly-abroad-for-livelhood/99/ 2014年10月21日閲覧。 
  3. ^ a b c d Zachariah, K. C. & Rajan, S. Irudaya (2011), Kerala Migration Survey 2011 (PDF), Department of Non-resident Keralite Affairs, Government of Kerala, p. 29. This is the number of emigrants from Kerala, which is closely related to but different from the actual number of Malayalis.
  4. ^ Malayali, Malayalam in Malaysia
  5. ^ Census Profile, 2016 Census - Canada [Country] and Canada [Country]. (8 February 2017).
  6. ^ Website Disabled”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ a b Archived copy”. 2014年7月14日閲覧。
  8. ^ In the Australia, 18% of people spoke a language other than English at home in 2011.”. abs.gov.au/. Australian Bureau of Statistics (ABS). 2014年10月21日閲覧。
  9. ^ “India-born Malayalam-speaking community in Australia: Some interesting trends”. The Times of India (16 July 2014). http://timesofindia.indiatimes.com/nri/contributors/contributions/anubhav-tewari/India-born-Malayalam-speaking-community-in-Australia-Some-interesting-trends/articleshow/38471723.cms 2014年10月21日閲覧。 
  10. ^ “Survey finds only 16.25 lakh NoRKs”. The Hindu. (2013年10月31日). http://www.thehindu.com/todays-paper/survey-finds-only-1625-lakh-norks/article5299108.ece 
  11. ^ Singapore Malayalee Association 100th Anniversary. (27 December 2018).
  12. ^ Irish Census 2016
  13. ^ “Where Malayalees once held sway”. DNA India. (2005年10月5日). http://www.dnaindia.com/world/report-where-malayalees-once-held-sway-4610 2015年8月11日閲覧。 
  14. ^ Swamy, M. R. Narayan (2005年10月5日). “Where Malayalees once held sway”. DNA India. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  15. ^ Vienna Malayalee Association
  16. ^ Welcome to Nionkairali.com - Indian Malayalees in Japan- Japan malayalees, Malayali, Keralite, Tokyo. nihonkairali.com.
  17. ^ Väestö 31.12. Muuttujina Maakunta, Kieli, Ikä, Sukupuoli, Vuosi ja Tiedot
  18. ^ a b c d Population by religious community - 2011”. 2011 Census of India. Office of the Registrar General & Census Commissioner. 2015年8月25日閲覧。
  19. ^ “'Classical' status for Malayalam”. The Hindu (Thiruvananthapuram, India). (2013年5月24日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-national/classical-status-for-malayalam/article4744630.ece 2013年5月25日閲覧。 
  20. ^ Census Of India, censusindia.net
  21. ^ Census of India - Language”. censusindia.gov.in. 2020年4月17日閲覧。
  22. ^ Pillai, Anitha Devi (2017). From Kerala to Singapore : Voices from the Singapore Malayalee community. Puva Arumugam. Singapore: Marshall Cavendish Pte Ltd.. ISBN 9789814721837. OCLC 962741080 
  23. ^ https://unreachednewyork.com/wp-content/uploads/2012/11/Keralite-Profile-Final.pdf
  24. ^ Statistics New Zealand:Language spoken (total responses) for the 1996–2006 censuses (Table 16) Archived 9 March 2013 at the Wayback Machine., stats.govt.nz
  25. ^ 재외동포현황 총계(2015)/Total number of overseas Koreans (2015). South Korea: Ministry of Foreign Affairs and Trade. (2015). http://www.index.go.kr/potal/main/EachDtlPageDetail.do?idx_cd=1682 2014年3月30日閲覧。 
  26. ^ “kerala.gov.in”. http://www.kerala.gov.in/  – go to the website and click the link – language & literature to retrieve the information
  27. ^ C. A. Innes and F. B. Evans, Malabar and Anjengo, volume 1, Madras District Gazetteers (Madras: Government Press, 1915), p. 2.
  28. ^ M. T. Narayanan, Agrarian Relations in Late Medieval Malabar (New Delhi: Northern Book Centre, 2003), xvi–xvii.
  29. ^ a b c d e Sreedhara Menon, A. (January 2007). Kerala Charitram (2007 ed.). Kottayam: DC Books. p. 27. ISBN 978-81-264-1588-5. https://books.google.com/books?id=FAlXPgAACAAJ&q=%E0%B4%95%E0%B5%87%E0%B4%B0%E0%B4%B3+%E0%B4%9A%E0%B4%B0%E0%B4%BF%E0%B4%A4%E0%B5%8D%E0%B4%B0%E0%B4%82 2020年7月19日閲覧。 
  30. ^ J. Sturrock (1894年). “Madras District Manuals - South Canara (Volume-I)”. Madras Government Press. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  31. ^ V. Nagam Aiya (1906). The Travancore State Manual. Travancore Government Press. https://archive.org/details/travancorestate00aiyagoog/page/n10/mode/2up 
  32. ^ Mohammad, K.M. "Arab relations with Malabar Coast from 9th to 16th centuries" Proceedings of the Indian History Congress. Vol. 60 (1999), pp. 226–34.
  33. ^ a b c Malabar Manual (1887), William Logan, Calicut

関連項目編集

外部リンク編集