マリア・インマクラータ・フォン・エスターライヒ=トスカーナ (1878-1968)

マリア・インマクラータ・フォン・エスターライヒ=トスカーナMaria Immakulata Erzherzogin von Österreich-Toskana, 1878年9月3日 - 1968年11月25日)は、オーストリア=ハンガリー(二重帝国)の帝室の成員で、イタリアトスカーナ大公国の旧統治者ハプスブルク=トスカーナ家の大公女。

マリア・インマクラータ
Maria Immakulata
ハプスブルク=トスカーナ家
Archduchess Maria Immakulata of Austria.jpg
マリア・インマクラータ(1910年)

出生 (1878-09-03) 1878年9月3日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
バーデン・バイ・ウィーン
死去 (1968-11-25) 1968年11月25日(90歳没)
西ドイツの旗 西ドイツ
アルツハウゼン・アルツハウゼン城
配偶者 ヴュルテンベルクローベルト
父親 カール・ザルヴァトール大公
母親 マリア・インマクラータ・フォン・ネアペル=ジツィリエン
テンプレートを表示

全名はマリア・インマクラータ・ライネーラ・ヨーゼファ・フェルディナンデ・テレジア・レオポルディーネ・アントイネッテ・ヘンリエッテ・フランツィスカ・カロリーネ・アロイジア・ヤヌアリア・クリスティーネ・フィロメーナ・ロザリアMaria Immakulata Rainera Josepha Ferdinande Theresia Leopoldine Antoinette Henriette Franziska Karoline Aloysia Januaria Christine Philomena Rosalia Erzherzogin von Österreich-Toskana)。

最後のトスカーナ大公フェルディナンド4世の弟カール・ザルヴァトールと、その妻で両シチリア王フェルディナンド2世の娘であるマリーア・インマコラータの間の第7子、四女として生まれた[1][2]。1900年10月29日にウィーンにおいて、ヴュルテンベルクローベルトと結婚した。夫妻の間に子供はなかった。

脚注編集

  1. ^ Darryl Lundy (2003年5月10日). “Maria Immakulata Raineria Erzherzogin von Österreich”. thePeerage.com. 2009年5月25日閲覧。
  2. ^ Paul Theroff. “TUSCANY”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2008年12月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月25日閲覧。