マリア・デ・ポルトゥガル (1521-1577)

マリア・デ・ポルトゥガル(Maria, Infanta de Portugal, 6.ª Duquesa de Viseu, 1521年6月18日 - 1577年10月10日)は、ポルトガルの王女。ポルトガル王マヌエル1世とその3番目の王妃レオノール・デ・アウストリアの間の一人娘。ヴィゼウ女公

マリア・デ・ポルトゥガル
Maria de Portugal
ヴィゼウ女公
Marie de Portugal 1521 1577.jpg
在位 1521年 - 1577年

出生 (1521-06-18) 1521年6月18日
Flag of Portugal (1521).svg ポルトガル王国リスボン
死去 (1577-10-10) 1577年10月10日(56歳没)
Flag of Portugal (1521).svg ポルトガル王国、リスボン
埋葬 Flag of Portugal (1521).svg ポルトガル王国、セニョーラ・ダ・ルス礼拝堂
家名 アヴィス=ベージャ家
父親 ポルトガルマヌエル1世
母親 レオノール・デ・アウストリア
テンプレートを表示

生涯編集

両親の第2子、長女として生まれた。同年12月に父マヌエル1世が死去した。誕生後すぐにヴィゼウ公爵位を授けられた。1530年に母レオノールが弟の神聖ローマ皇帝カール5世の意向でフランスフランソワ1世と再婚したため、母とは離別を余儀なくされた。母娘は1557年にレオノールが生国スペインに帰国した際にようやく再会したが、マリアは母とスペインで暮らすことを拒み、母の許に3週間ほど滞在したのちポルトガルに帰国した。

マリアはリスボン宮廷において文芸のパトロンとして活躍した[1]。従弟のスペイン王フェリペ2世の2番目の妃になる縁談もあったが、結局実現しなかった[2]。そのまま独身を通し、1577年に亡くなってリスボン郊外のセニョーラ・ダ・ルス礼拝堂(Igreja de Nossa Senhora da Luz)に埋葬された。

脚注編集

  1. ^ Paulo Pereira, Enciclopédia dos Lugares Mágicos de Portugal, volume IX
  2. ^ Juan de Mariana: Historia general de España, vol. XIV

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、Maria de Portugal, Duquesa de Viseuに関するメディアがあります。