マリア・フォン・ベーメン

マリア・フォン・ベーメンドイツ語:Maria von Böhmen, 1124年ごろ - 1172年以降)は、オーストリア辺境伯およびバイエルン公レオポルト4世の妃。また後にバーデン辺境伯ヘルマン3世の妃。

マリア・フォン・ベーメン
Maria von Böhmen
Maria of Bohemia, duchess of Austria.jpg

出生 1124年ごろ
死去 1172年以降
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
バーデン大公国 バーデン辺境伯領、バックナング修道院
配偶者 オーストリア辺境伯レオポルト4世
  バーデン辺境伯ヘルマン3世
子女 ゲルトルート・フォン・バーデン
家名 プシェミスル家
父親 ボヘミア公ソビェスラフ1世
母親 アーデルハイト・フォン・ウンガルン
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

マリアはボヘミア公ソビェスラフ1世ハンガリー王ゲーザ1世の孫娘アーデルハイトとの間の唯一の娘である。ボヘミアとドイツの貴族との関係を強めるため、父ソビェスラフ1世は1138年9月28日にマリアをオーストリア辺境伯レオポルト4世と結婚させた[1]。マリアの年齢は10代前半である一方、レオポルト4世は30代前半であった。その2年後にレオポルドの妹ゲルトルートがソビェスラフ1世の甥ヴラジスラフ2世と結婚し、ボヘミアとオーストリアの同盟はさらに強固なものとなった。

マリアの結婚の1年後の1139年に、ホーエンシュタウフェン家ローマ王コンラート3世ヴェルフ家バイエルン公ハインリヒ傲岸公を廃位し、レオポルト4世にバイエルン公位を与えた。レオポルト4世はコンラート3世の異父弟であった(母は共にアグネス・フォン・ヴァイプリンゲン)。従って、コンラート3世がオーストリアとボヘミアの関係強化に関与した可能性がある。レオポルト4世はバイエルン公領の支配を引き受けたが、ハインリヒ傲岸公の弟ヴェルフ6世の主張に対峙しなければならなかった。

レオポルト4世との結婚は3年続いたが、1141年にレオポルト4世はニーダーアルタイヒ修道院英語版で突然死去した。この結婚で子女は生まれず、オーストリアとバイエルンはレオポルト4世の兄ハインリヒ2世が継承した。

レオポルト4世の死から1年後、マリアはバーデン辺境伯ヘルマン3世と再婚した。マリアはヘルマン3世にとって2番目の妃であった。ヘルマン3世は第2回十字軍に参加し、1151年にコンラート3世よりヴェローナ辺境伯位を与えられた。ヘルマン3世は,コンラート3世の後継者フリードリヒ1世・バルバロッサのイタリア遠征においても、ホーエンシュタウフェン家を忠実に支援した。

マリアはヘルマン3世との間に1女をもうけた。

  • ゲルトルート(1225年以前没) - 1180年にダグスブルク伯アルブレヒト2世と結婚

ヘルマン3世は1160年1月16日に死去した。マリアは1172年までは生存が確認できるが、没年は不明である。マリアはバックナング修道院に埋葬された。

脚注編集

  1. ^ Lyon 2013, p. 242.

参考文献編集

  • Lyon, Jonathan R. (2013). Princely Brothers and Sisters: The Sibling Bond in German Politics, 1100-1250. Cornell University Press 
  • Vaníček V., Soběslav I. (2007). Přemyslovci v kontekstu evropských dějin v letech 1092-1140. Praha-Litomyšl. pp. 288-290