マリア・レオポルディーネ・フォン・ティロル

マリア・レオポルディーネ・フォン・エスターライヒ=ティロル(Maria Leopoldine von Österreich-Tirol, 1632年4月6日 - 1649年8月7日)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の2度目の皇后。

マリア・レオポルディーネ・フォン・ティロル
Maria Leopoldine von Österreich-Tirol
神聖ローマ皇后
ハンガリー王妃
ボヘミア王妃
Lorenzo Lippi 005.jpg
在位 1648年 - 1649年

出生 1632年4月6日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
チロル伯領インスブルック
死去 (1649-08-07) 1649年8月7日(17歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリア帝国の旗 オーストリア大公国ウィーン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリア帝国の旗 オーストリア大公国ウィーンカプツィーナー納骨堂
結婚 1648年7月2日 リンツ
配偶者 神聖ローマ皇帝フェルディナント3世
子女 カール・ヨーゼフ
家名 ハプスブルク家
父親 オーストリア大公レオポルト5世
母親 クラウディア・デ・メディチ
テンプレートを表示

生涯編集

オーストリア大公レオポルト5世(皇帝フェルディナント2世の弟)と、妃クラウディア・デ・メディチとの間に三女(第5子)としてインスブルックで生まれた。

1648年7月、従兄にあたるフェルディナントとリンツで結婚した。翌1649年8月7日に長男カール・ヨーゼフ(1649年 - 1664年)を出産後、死去した。遺体はウィーンカプツィーナー納骨堂に葬られた。