メインメニューを開く

マリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラ

マリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラ(Mariano Lagasca y Segura、1776年10月4日 - 1839年6月23日)は、スペイン植物学者医師である。マドリード王立植物園の園長を務めた。

Mariano Lagasca y Segura
マリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラ
Mariano Lagasca y Segura, Real Jardín Botánico.jpg
マドリード王立植物園にある銅像
生誕 1776年10月4日
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国サラゴサ近郊のエンシナコルバ英語版
死没 1839年6月23日
スペインの旗 スペイン王国バルセロナ
職業 植物学者医師
肩書き マドリード王立植物園園長

生涯編集

サラゴサ近郊のエンシナコルバ英語版で裕福なカトリック教徒の家に生まれた。地元の小学校で学んだ後、タラゴナ学び、医学植物学に興味を持ち、タラゴナで学んだ後、サラゴサやバレンシアマドリードで医学を学んだ。1800年にマドリードに進み、有名な植物学者、カヴァニレス(Antonio José Cavanilles)と知り合い弟子になった。ロドリゲス(José Demetrio Rodriguez)とともに協力し、1801年に共著で『マドリード王立植物園の植物』("Descripción de algunas plantas del Real Jardín Botánico de Madrid")を発表した。1802年にはSimón de Rojas Clemente y Rubioaと共著で医学と植物学に関する書物を出版した。1807年にカヴァニレスが没すると、マドリード王立植物園の副園長に就任し、同時期にマドリード大学の植物学の教授を務めた。

半島戦争の後、1815年に王立植物園の園長になり、名声を得るが、1823年自由主義的な政治観のためにスペインを追われ、ロンドンで11年間亡命生活送った。1834年にスペインに戻り、王立植物園の園長に復帰した。1839年バルセロナで没した。

著書編集

  • Amenidades naturales de las Españas(1811–1821)
  • Genera et species plantarum, quae aut novae sunt, (1816)
  • Elenchus plantarum, quae in horto regio botanico matritensi colebantur anno 1815 (1816)
  • Memoria sobre las platas barrilleras de España (1817)

参考文献編集

  • Colmeiro, Miguel, "La botánica y los botánicos de la Península Hispano-Lusitana : estudios bibliográficos y biográficos", Madrid, imprenta y Estereotípa de M. Rivadeneyra, 1858 Rivadeneyra