マリク・シャー2世

マリク・シャー2世(ペルシア語:أبو الفتح ملكشاه Abū al-Fatḥ Malik Shāh、أبو الفتح ملكشاه بن بركيارق بن ملكشاه Abū al-Fatḥ Malik Shāh b. Barkiyāruq b. Malik Shāh b. Alp Arslān、? - 1105年)は、セルジューク朝の第6代スルターン(在位:1104年12月 - 1105年)。

マリク・シャー2世
أبو الفتح ملكشاه
セルジューク朝スルターン
在位 1104年12月 - 1105年

死去 1105年
家名 セルジューク家
王朝 セルジューク朝
父親 バルキヤールク
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

父は第5代スルターンのバルキヤールク。1104年12月に父が死去したため跡を継ぐが、翌年に早世した。叔父のムハンマド・タパルが跡を継いだ。

参考文献編集

先代:
バルキヤールク
大セルジューク朝君主
1104年 - 1105年
次代:
ムハンマド・タパル