マリヌス2世 (ローマ教皇)

マリヌス2世(? - 946年5月)は、第128代ローマ教皇(在位:942年10月30日 - 946年5月)。

マリヌス2世
第128代 ローマ教皇
Marinus II.jpg
教皇就任 942年10月30日
教皇離任 946年5月
先代 ステファヌス9世
次代 アガペトゥス2世
個人情報
出生 未詳
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 946年5月
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
原国籍 イタリア
テンプレートを表示

生涯編集

出身はローマ教皇就任前は司祭枢機卿を務めた。942年に先代のステファヌス9世がアルベリーコ2世によって廃されたため、その後釜として擁立された。そのためアルベリーコ2世の傀儡であり、在位3年半にして946年5月初旬に死去した。

参考文献編集