マリヤンポレ郡

リトアニアの郡

マリヤンポレ郡リトアニア語: Marijampolės apskritis)は、リトアニアにある10の郡のうちの一つ。リトアニアの南部に位置し、西はロシア連邦カリーニングラード州、南はポーランドに接している。中心都市はマリヤンポレ

マリヤンポレ郡

Marijampolės apskritis
中心都市のマリヤンポレ
中心都市のマリヤンポレ
マリヤンポレ郡の旗
マリヤンポレ郡の紋章
紋章
マリヤンポレ郡の位置
マリヤンポレ郡の位置
 リトアニア
設置年 1994年
中心都市 マリヤンポレ
自治体
面積
 •  4,466 km2
面積順位 国内第8位(リトアニア全体の6.8%)
人口
(2024年1月1日現在)[2]
 •  134,668人
 • 順位 国内第6位
 • 密度 30人/km2
 • 都市部
69,164人
 • 農村部
65,504人
GDP(2022年)
 • 合計 19億5610万ユーロ(国内第7位、リトアニア全体の2.9%)
 • 一人あたり 1万4400ユーロ(国内平均の60.4%)
HDI(2021年)
 • HDI 0.830(国内第9位)
等時帯 UTC+2 (EET)
 • 夏時間 UTC+3 (EEST)
ISO 3166コード LT-MR
地図

歴史 編集

戦間期のリトアニアでもマリヤンポレ郡が設置されていた。1940年にリトアニアがソビエト連邦に編入されると、1950年に郡制度が廃止され、より小さな行政区分である地区(ラヨナスリトアニア語: rajonas)に分割された。

リトアニアが独立を回復すると、1994年に郡制度が再び施行されることとなった。しかし、戦間期の郡制度は現代には適合しなかったため、国全体を10に分ける郡制度が新たに導入された。

2004年、マリヤンポレ郡章リトアニア語版が制定された。

2010年、郡の行政機能は国および各自治体に移行され、郡は行政機能を伴わない名目上の行政区画となった。

自治体 編集

マリヤンポレ郡は、以下の5つの自治体によって構成される。

脚注 編集