マリー・ルイーズ・ダスプルモン

マリー・ルイーズ・ダスプルモンMarie Louise d'Aspremont, 1651/1652年[1] - 1693年10月23日)は、フランスの貴族女性。マリー・ルイーズ・ダプルモンMarie-Louise d'Apremont)とも表記される[2]

マリー・ルイーズ・ダスプルモン
Marie Louise d'Aspremont

称号 ロレーヌ公
マンスフェルト侯妃
出生 1651/2年
死去 1693年10月23日
配偶者 ロレーヌ公シャルル4世
  マンスフェルト侯ハインリヒ・フランツ・フォン・マンスフェルト
子女 マリア・アンナ
マリア・エレオノーラ
家名 アスプルモン家
父親 シャルル・ダスプルモン
母親 マリー・フランソワーズ・ド・マイイ
テンプレートを表示

生涯編集

シャルル・ダスプルモン伯爵(1620年 - ?)とその妻マリー・フランソワーズ・ド・マイイ(? - 1702年)の間の娘。父方はロレーヌ地方の古参の貴族アスプルモン家フランス語版のソルシー(Sorcy)及びロンビーズ(Rombise)、ナントゥイユ男爵領(baron de Nanteuil)を伝領していた分家。母方の祖母イザベル=クレール=ウジェニー・ド・クロイ=ソルルは、クロイ公エマニュエル英語版の玄祖父の妹にあたる[3]

1665年7月17日、ロレーヌ公シャルル4世と結婚。花嫁が14歳頃だったのに対し、夫の公爵は61歳の高齢だった。さらに公爵は、イザベル・ド・リュドル英語版と一旦は婚約しながらこれを破棄し、マリー・ルイーズを3番目の妻に迎えたのだった。シャルル4世とは子をもうけないまま1675年に死別した。

1679年、マンスフェルト侯ハインリヒ・フランツ・フォン・マンスフェルトと再婚、間に2人の娘をもうけた[4]

  • マリア・アンナ(1680年 - 1724年) - 1699年ザルム=ホーホストラーテン伯ヴィルヘルム・フロレンティンと結婚
  • マリア・エレオノーラ(1682年 - 1747年) - 1703年従兄カール・フランツ・フォン・マンスフェルトと結婚、夫がマンスフェルト侯位を相続

引用・脚注編集

  1. ^ http://genealogy.euweb.cz/lorraine/lorraine5.html#C4
  2. ^ 表記の揺れは、アプルモン=ラ=フォレ英語版に由来する家名が、アスプルモンとも表記されてきたために起きている。
  3. ^ http://genealogy.euweb.cz/croy/croy8.html#PS
  4. ^ https://www.genealogieonline.nl/genealogie-richard-remme/I3895.php