マルガレーテ・フォン・エスターライヒ (1346-1366)

マルガレーテ・フォン・エスターライヒ(ドイツ語:Margarete von Österreich, 1346年 - 1366年11月14日)は、オーストリア公アルブレヒト2世ヨハンナ・フォン・プフィルトの娘。

マルガレーテ・フォン・エスターライヒ
Margarete von Österreich
Margaret of Austria Duchess of Tyrol.jpg

出生 1346年
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Austria.svg オーストリア公国ウィーン
死去 1366年11月14日
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国Banner of the Margraviate of Moravia.svg モラヴィア辺境伯領ブルノ
埋葬 Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国Banner of the Margraviate of Moravia.svg モラヴィア辺境伯領ブルノ聖トマス教会
配偶者 チロル伯マインハルト3世
  モラヴィア辺境伯ヨハン・ハインリヒ
家名 ハプスブルク家
父親 オーストリア公アルブレヒト2世
母親 ヨハンナ・フォン・プフィルト
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

マルガレーテは幼少期にチロル女伯マルガレーテの息子マインハルト3世と婚約し、1359年9月4日に2人の結婚式が行われた。1361年以降、マインハルト3世は母マルガレーテの共同統治者となったが、2年後の1363年6月13日に死去した。この結婚で子供は生まれなかった。

マインハルト3世の死から8か月後の1364年2月、マルガレーテはボヘミア王ヨハン・フォン・ルクセンブルクの息子モラヴィア辺境伯ヨハン・ハインリヒと再婚した。ヨハン・ハインリヒはマルガレーテの最初の夫の母チロル女伯マルガレーテの最初の夫であったが、虚弱で無能を理由に結婚を解消された。ただし、その後を考慮すると、これらの理由は不当なものであったといえる。ヨハン・ハインリヒにとって、マルガレーテは3番目の妃であった(最初がチロル女伯マルガレーテ、2番目がマルガレーテ・フォン・ラーティボーア)。この結婚でも子供は生まれなかった。

マルガレーテは1366年11月14日に20歳で死去した。再婚から3年経っていなかった。ブルノ聖トマス教会に埋葬され、後に2度目の夫ヨハン・ハインリヒもここに埋葬された。

参考文献編集

  • HAMANNOVÁ, Brigitte. Habsburkové. Životopisná encyklopedie. Praha: Brána ; Knižní klub, 1996. 408 p. ISBN 80-85946-19-X.
 
チロル伯妃マルガレーテ