マルガレーテ・フォン・ザクセン (1900-1962)

マルガレーテ・フォン・ザクセン(Margarete von Sachsen, 1900年1月24日 - 1962年10月16日)は、ザクセン王国の王族。全名はマルガレーテ・カロラ・ヴィルヘルミーネ・ヴィクトリア・アーデルハイト・アルベルティーナ・ペトルザ・ベルトラム・パウラMargarete Karola Wilhelmine Viktoria Adelheid Albertina Petrusa Bertram Paula)。ザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世の次女で、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯家家長フリードリヒの妻となった。

マルガレーテ・フォン・ザクセン
Margarete von Sachsen

出生 (1900-01-24) 1900年1月24日
ドイツの旗 ドイツ帝国
ザクセン王国の旗 ザクセン王国ドレスデン
死去 (1962-10-16) 1962年10月16日(62歳没)
ドイツの旗 ドイツフライブルク
配偶者 フリードリヒ・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
子女 一覧参照
家名 ヴェッティン家アルベルティン家
父親 ザクセンフリードリヒ・アウグスト3世
母親 ルイーゼ・フォン・エスターライヒ=トスカーナ
テンプレートを表示

1900年1月24日、フリードリヒ・アウグスト3世とその王妃であったトスカーナ大公フェルディナンド4世の大公女ルイーゼの間に第五子としてドレスデンで生まれた。

マルガレーテは1962年10月16日フライブルクで死去した。62歳であった。

子女編集

マルガレーテは1920年6月2日シュレージエンのSibyllenort(現ポーランドドルヌィ・シロンスク県ヴロツワフ郡シュチョドレ)でフリードリヒと結婚した。二人の間には以下の四男三女をもうけた。