マルガレート・メネゴス

マルガレート・メネゴス(Margaret Ménégoz, 1941年4月21日 - )は、ドイツフランス映画プロデューサーである。製作会社フィルム・デュ・ロザンジュの代表として、1976年以降50作品以上を製作し、中でもエリック・ロメール作品を数多くプロデュース、近年はミヒャエル・ハネケとの関わりが多い[1]

マルガレート・メネゴス
Margaret Ménégoz
本名 Margaret Katarina Baranyai
生年月日 (1941-04-21) 1941年4月21日(76歳)
出生地  ハンガリー ブダペスト
職業 映画プロデューサー
活動期間 1976年 - 活動中

第40回ベルリン国際映画祭では審査員の1人を務めた[2]

主なフィルモグラフィ編集

参考文献編集

  1. ^ Interview with Margaret Menegoz: Producer”. cineuropa.org. 2011年3月17日閲覧。
  2. ^ Berlinale: 1990 Juries”. berlinale.de. 2011年3月14日閲覧。

外部リンク編集