マルクス・フルウィウス・ノビリオル (紀元前159年の執政官)

共和政ローマの執政官

マルクス・フルウィウス・ノビリオル(Marcus Fulvius Nobilior)はプレブス(平民)出身の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前159年執政官(コンスル)を務めた。

Rmn-social-header-1-.svg
マルクス・フルウィウス・ノビリオル
M. Fulvius M. f. M. n. Nobilior
出生 不明
死没 不明
出身階級 プレブス
氏族 フルウィウス氏族
官職 護民官紀元前171年
按察官紀元前166年
法務官紀元前156年以前)
執政官紀元前159年
指揮した戦争 対リグリア戦争
テンプレートを表示

出自編集

ノビリオルはプレブスのフルウィウス氏族の出身である。フルウィウス氏族は紀元前4世紀の中頃にトゥスクルム(en)からローマに移住し、紀元前322年にはルキウス・フルウィウス・コルウスが氏族最初の執政官となっている[1]

父は紀元前189年の執政官で同名のマルクス・フルウィウス・ノビリオルである。祖父のプラエノーメン(第一名、個人名)もマルクスであるが[2]、名前以外の情報は無い。 曽祖父は紀元前255年の執政官であるセルウィウス・フルウィウス・パエティヌス・ノビリオルと思われる。

経歴編集

ノビリオルは紀元前171年護民官に就任し[3]紀元前166年にはアエディリスを務めている。この年にテレンティウスの喜劇『アンドロス島の女』が初演されている[4]

紀元前159年に執政官に就任。同僚執政官はパトリキ(貴族)のグナエウス・コルネリウス・ドラベッラであった[2]。両執政官は賄賂禁止法(コルネリウス・フルウィウス法、Lex Cornelia Fulvia de ambitu)を制定している[5]。またノビリオルはリグリアに出征して勝利、翌年には凱旋式を実施している[6]

脚注編集

  1. ^ Münzer F. "Fulvius", 1910, s. 229.
  2. ^ a b カピトリヌスのファスティ
  3. ^ リウィウスローマ建国史』、XLII, 32, 7.
  4. ^ Broughton, vol. 1, p.437.
  5. ^ リウィウス『ローマ建国史』、Periochs 47
  6. ^ 凱旋式のファスティ

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Broughton T.R.S. , The Magistrates of the Roman Republic (American Philological Association, 1951, 1986),
  • Münzer F. "Fulvius" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1910. - Bd. VII, 1. - Kol. 229.

関連項目編集

公職
先代
マルクス・コルネリウス・ケテグス
ルキウス・アニキウス・ガッルス
執政官
同僚:グナエウス・コルネリウス・ドラベッラ
紀元前159年
次代
マルクス・アエミリウス・レピドゥス
ガイウス・ポピッリウス・ラエナス