マルク・ド・ボーヴォー=クラン

フランソワ・ヴァンサン・マルク・ド・ボーヴォーFrançois Vincent Marc de Beauvau, marquis de Beauvau, prince de Craon, 1679年4月29日[1] ナンシー - 1754年3月10日 アルエ英語版)は、ロレーヌ公国の貴族・軍人・政治家。同公国の大元帥及びトスカーナ副王。爵位はボーヴォー侯爵だったが、ボーヴォー公、クラン公、帝国諸侯、アルエ侯爵及びスペインのグランデ特権を得た。

ボーヴォー=クラン公マルク、リゴー画、1711年頃制作、ミュゼ・ロレーンフランス語版

生涯編集

ルイ・ド・ボーヴォー侯爵(1638年 - 1703年)とその3人目の妻アンヌ・ド・リニー・ド・シャルメルの間の子。主君たるロレーヌ公レオポールの幼児からの親友であり、公の妾アンヌ=マルグリット・ド・リニヴィル(1686年 - 1772年)を妻とし、レオポール公の嫡男フランツ・シュテファンの養育係及び厩舎長に任命された。

公からウードンヴィル英語版及びアルエの所領を、1712年8月12日先祖伝来の所領であるフランス北西部マイエンヌ地方クラン英語版に由来するロレーヌ公国貴族のクラン侯爵位を、それぞれ授けられている。1720年から1729年にかけ、レオポール公お抱えの宮廷建築家で公爵宮殿リュネヴィル城英語版を設計したジェルメン・ボフラン英語版に依頼して自邸アルエ城英語版を設計・建造させた。レオポール公の請願を受けた神聖ローマ皇帝カール6世により1722年11月13日付で帝国諸侯に叙せられ、同日ロレーヌ公国貴族のクラン公(Prince de Craon)に昇叙された。1727年5月8日付でスペインのグランデ特権を得た。また、1739年同じく皇帝カール6世により金羊毛騎士団騎士に叙任された(690番目)。

主君の子息フランツ・シュテファンオーストリア大公国の女子継承者マリア・テレジアの縁組を成立させ、1736年2月12日の2人の婚姻に伴い新王朝ハプスブルク=ロートリンゲン家が成立した。これに伴う政治的取り決めにより、フランスがロレーヌ公国を、オーストリアがトスカーナ大公国を得る地政学上有意義な領土交換が実現した。フランツは1737年トスカーナ大公フランチェスコ2世となり、皇帝の娘婿であった時代も、自身がその後継者として帝位に就いた後も、一貫してボーヴォーを副王として、新しい領国トスカーナの統治を任せた。同じく1737年ロレーヌ公領を得た元ポーランド王スタニスワフ・レシュチンスキは、ボーヴォーの邸宅アルエ城を住居とし、ボーヴォーの娘ブーフレール侯爵夫人を妾とした。

ボーヴォーはトスカーナ副王として長年フィレンツェに住んだが、1749年に70歳で引退して郷里に帰った。1754年3月10日にアルエ城で死去した。死後「王の陸軍元帥(Maréchal général des camps et armées du Roi)」の称号を追贈された。

子女編集

妻との間に8男12女の計20人の子をもうけた。

参考文献編集

  • Marie-Nicolas Bouillet, Alexis Chassang (Hrsg.), Marc de Beauvau-Craon (1679-1754), in: Dictionnaire universel d’histoire et de géographie, 1878
  • Johannes Baptista Rietstap, Armorial général, Band 1 und 2, Gouda, G.B. van Goor zonen, 1884–1887
  • Louis de la Roque, Catalogue des chevaliers de Malte, appelés successivement Chevaliers de l’Ordre Militaire et Hospitalier de Saint-Jean de Jérusalem, de Rhodes, de Malte, 1099–1800, Alp. Desaide, Paris, 1891
  • Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln, Band 13, 1990, Tafel 48f
  • Michel Popoff (Vorwort von Hervé Pinoteau), Armorial de l’Ordre du Saint-Esprit : d’après l’œuvre du Pierre de Guibours et ses continuateurs, Paris, Le Léopard d’or, 1996, ISBN 2-86377-140-X

引用編集

  1. ^ 1676年4月2日を生年月日とする説あり。