マルグリット・ド・ヴァロワ (1295-1342)

マルグリット・ド・ヴァロワフランス語:Marguerite de Valois, 1295年 - 1342年)は、ヴァロワ伯シャルルとその最初の妃マルグリット・ダンジューの娘[1]フランス王フィリップ6世の妹にあたる。

マルグリット・ド・ヴァロワ
Marguerite de Valois
Margaret Valois.jpg
マルグリットのシール

出生 1295年
死去 1342年
配偶者 ブロワ伯ギー1世・ド・シャティヨン
子女 ルイ2世
シャルル
マリー
家名 ヴァロワ家
父親 ヴァロワ伯シャルル
母親 マルグリット・ダンジュー
テンプレートを表示

1310年ブロワ伯ギー1世・ド・シャティヨンと結婚し[2]、3子が生まれた。

脚注編集

  1. ^ Collins 2017, p. 106.
  2. ^ a b Jones 2000, p. 217.
  3. ^ Prestwich 1993, p. 174.

参考文献編集

  • Collins, James (2017). “Dynastic Instability, the Emergence of the French Monarchical Commonwealth and the Coming of the Rhetoric of "L'etat", 1360s to 1650s”. Monarchy Transformed: Princes and their Elites in Early Modern Western Europe. Cambridge University Press 
  • Jones, Michael (2000). “Politics, Sanctity and the Breton State: The Case of the Blessed Charles de Blois, Duke of Brittany (d.1364)”. The Medieval State: Essays Presented to James Campbell. Hambledon Press 
  • Prestwich, Michael (1993). The Three Edwards: War and State in England, 1272-1377. Routledge