マルシャーク (小惑星)

小惑星

マルシャーク (2604 Marshak) は小惑星帯に位置する小惑星。クリミア半島クリミア天体物理天文台で、ソビエト連邦の天文学者タマラ・スミルノワによって発見された。

マルシャーク
2604 Marshak
仮符号・別名 1972 LD1
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1972年6月13日
発見者 タマラ・スミルノワ
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a) 2.387 AU
近日点距離 (q) 1.830 AU
遠日点距離 (Q) 2.944 AU
離心率 (e) 0.233
公転周期 (P) 3.69
軌道傾斜角 (i) 14.85
近日点引数 (ω) 134.93 度
昇交点黄経 (Ω) 123.02 度
平均近点角 (M) 268.85 度
物理的性質
直径 14.9 km
スペクトル分類 Sa
絶対等級 (H) 12.9
アルベド(反射能) 0.0552
Template (ノート 解説) ■Project

ロシアの作家、翻訳家、児童文学作家、詩人であるサムイル・マルシャークに因んで命名された。

関連項目編集

外部リンク編集