マルタ中央銀行(マルタちゅうおうぎんこう、英語Central Bank of Malta マルタ語Bank Ċentrali ta’ Malta)はマルタ中央銀行1968年4月17日に設立された。2004年、マルタが欧州連合に加盟し、マルタ中央銀行も欧州中央銀行制度に加わった。マルタ中央銀行は2008年のユーロ導入までマルタ・リラ紙幣・硬貨を発行するなどの業務を担っていたが、その後は欧州中央銀行の傘下に置かれている。

マルタ中央銀行
Central Bank of Malta (英語)
Bank Ċentrali ta’ Malta (マルタ語)
本店 バレッタ
設立 1968年4月17日
総裁 マイケル・ボネロ
マルタの旗 マルタ
継承 欧州中央銀行 (2008年)1
ウェブサイト www.centralbankmalta.org
1欧州中央銀行自体は存続しているが、中央銀行としての多くの機能は欧州中央銀行が継承した。

関連項目編集

外部リンク編集