マーシャル・キー

マーシャル・キー(Marshall Key, - 1974年)は、アメリカ合衆国地質学者。コロンビア大学教授。20世紀半ば、地向斜説を後押しする書籍「地向斜」の出版により名を残す。日本ではマーシャル・ケイとも訳される。

地向斜の理論編集

アパラチア山脈を大陸の端にある地向斜として位置づけ、ミオ地向斜とユウ地向斜に分類したことで知られる。マーシャル・キーが作成した整然とした地向斜の断面図は、20世紀後半、プレートテクトニクス理論が発展してもなお、地向斜の典型的理論の例として地質学の教科書に載り続けた。

参考文献編集

  • 生きている地球p135-p136(R.Wオジャカンガス/D.G.ダービー共著、サイエンス社)

外部リンク編集